こんにちは、うだひろえです。

前回、投資の新たな勉強として、身近にある「未来のチカラ」を探してみることにしました私。

早速周りを見渡してみると、今はやはり長引くコロナ禍で苦しい中、みなさんなんとかしようと様々な工夫をしているように思います。

マスクの着用はもちろん、スーパーのレジのビニールシートや、充実したテイクアウト、宅配の置き配などもすっかり当たり前になりました。

我が家も先日、ファーストフードの「非接触デリバリー」を利用しました。アプリで注文、オンライン決済。配達員さんは到着後、玄関先に商品を置いてから、インターホンで呼び出してくれます。私が玄関先に受け取りに出ると、配達員さんは少し離れたところで会釈をして、受け取りの確認をしてくれました。

ありがたいなあと思う同時に、雨の日も雪の日もお仕事する配達員さんは本当に大変だ……などと心配にもなりました。

テレビのニュースなどでは、ドローンやロボットを使って宅配サービスを開発している、なんて映像も見かけます。With/Afterコロナの時代には、人と人との接触を減らせる技術の重要性をより一層痛感することになりそうです。

すでに工場や無人配送車などの産業ロボットが活躍しており、作業する人が密集することで高くなる感染リスクを軽減できているようです。

そのような「ファクトリーオートメーション」(工場における生産工程の自動化を図るシステム)は、今までも過重労働などの劣悪な労働環境から人々を解放してきました。危険を冒してまで人間がしてきた仕事は、ロボットに代わってもらうことが容易になっています。

となると、「ロボットに人間の仕事が奪われるのでは!?」なんて雇用喪失が懸念される声も聞かれますが、IT・ロボット分野の発達によりまた新たな雇用を生み出しており、私たちは今まで以上に人間らしい創造性を活かした働き方ができるようになっています。

また、「そこ」でしか仕事をするしかなかった人たちにとっては、ロボットに代わってもらうことで「働く場所」の自由度が上がることも考えられます。そうなると、「急な転勤」なども減り、ライフイベントに合わせて無理なく働き続けられることが可能になるように思います。

現在も、コロナ禍でリモートワークが推奨されるようになったものの、「どうしても『そこ』に出勤しないといけない」というお仕事は確実にあります。しかしそれも少しずつロボットの代用が可能になるのではと考えると、より人々の暮らしが、社会が、豊かになることがイメージできます。

企業としても、今までは生産性の向上やコスト低減ばかりがファクトリーオートメーションのメリットだと声高に言われておりましたが、現在は、人間が作業することによる避けられないミスや、従業員の熟練度によるバラツキなどをなくすべく、品質向上や製造工程の柔軟性向上を目的とするようになってきているそうです。

働く人だけでなく、そのサービスを受け取る人にとってもいいことばかりな印象です。

ここまで見てきて、なるほど「未来のチカラ」を持っている「成長企業」というのは、利益を追求するばかりではなく、働く人、サービスを受け取る人の暮らしを豊かにすることで、成長し続けているのだなと、まざまざとわかります。

私のお金が、そんな企業で働いてくれたら、私も誇らしい気持ちになりそうです。

しかしこのロボ分野、もう少し奥が深そうです。次回はそちらも覗いてみようと思います。

※当資料はうだひろえ氏の個人の見解であり、三井住友トラスト・アセットマネジメントの見解を示すものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
※当資料の内容は掲載時点における市場環境やこれに関するうだひろえ氏の見解や予測を示すものであり、うだひろえ氏および三井住友トラスト・アセットマネジメントがその正確性、完全性を保証するものではありません。

ご留意事項
・当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
・ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
・投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
・投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
・当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
・当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。
・当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

(提供元:三井住友トラスト・アセットマネジメント)