「日本の投資家にとって中国株ETFをより身近に」というコンセプトのもと、日本取引所グループ(JPX)は、2019年、中国の証券取引所「上海証券取引所」との間で、また、2021年には「深圳証券取引所」との間でそれぞれ「日中ETFコネクティビティ」というスキームを構築しました。

日中ETFコネクティビティとは?

制度構築のきっかけは、2018年10月の日中首脳会談での合意を背景とした「日中証券市場協力」にあります。これにより、以下の図に示したように、ファンド・オブ・ファンズのスキームを通じて、中国の証券取引所に上場する中国株ETFを投資対象とするETFが東証に上場することで、日本の投資家は中国の証券取引所に上場する中国株ETFに間接的に投資できるようになったのです(同様に、中国の投資家は東証に上場する日本株ETFに間接的に投資できるようになりました)。

日中ETFコネクティビティのラインナップが拡大

このスキームを利用したETFに、2021年4月8日、新たに2銘柄が加わります。一つは、中国版ナスダックと呼ばれるイノベーション企業向け株式市場「科創板」に上場する、主要なイノベーション企業で構成される「科創板(STAR)50」指数に連動するETFで、もう一つが、今後中心的な存在にしたいとしているグレーターベイエリアのイノベーション企業で構成される「グレーターベイエリア・イノベーション(GBA)100」指数に連動するETFです。

・iFreeETF 中国科創板50(STAR50)(コード:2628)
・iFreeETF 中国グレーターベイエリア・イノベーション100(GBA100)(コード:2629)

中国は近年、イノベーション企業の発展に向けて各種取組みを推進しており、2019年には「科創板」が上海証券取引所に開設されました。また、中国の広東省と香港、マカオの連携を深め世界有数のベイエリアを目指す「グレーターベイエリア(粤港澳大湾区)」構想が掲げられており、とりわけ深圳はイノベーション企業が集積する都市として注目を集めています。

このように、近年注目度が高まる中国のイノベーション企業に特化した株価指数を対象にしたETFが商品ラインナップに加わることにより、日本の投資家にとって投資の幅が広がることが期待されます。

「日中ETFコネクティビティ」のスキームを利用して東証に上場している中国株ETFは以下のとおりです。

※「iFreeETF 中国科創板50(STAR50)」、「iFreeETF 中国グレーターベイエリア・イノベーション100(GBA100)」は2021年4月8日に上場予定です。
※詳細はJPXウェブサイトをご覧ください。

中国株への関心が高まるなか、「日中ETFコネクティビティ」は、今回新たな銘柄を加え、今後の更なる発展が期待されます。JPXは、これからも投資家の多様なニーズに応えることができるよう、様々な取組みを続けてまいります。

(東証マネ部!編集部)