投資信託は個人の資産形成における中心的な金融商品として多くの人が利用している。投資信託の資金流出入などの動向は、資産形成を考えるうえで重要な情報だろう。

そこで、毎年1000ファンド以上の投資信託を評価・分析する三菱アセット・ブレインズより、以下で2022年3月における投信市場の動向(注)についてご紹介する。

(注)ETF、DC専用、SMA専用、公社債投信等を除いた公募投信

1.投信市場における資金の流出入動向

「3ヵ月ぶりに流入額が増加」

資金流入では、外国株式が約4,930億円の流入超となっており、前月(約3,930億円)を約1,000億円上回った。国内債券や複合資産、不動産投信等のカテゴリーも流入超となっている。また、当月募集の限定追加型ファンドが資金を集めたことが寄与し、前月まで流出超が続いていた外国債券が4ヵ月ぶりに流入超に転じた。

資金流出では、エマージング株式とエマージング債券の流出超が続いている。前月対比で流出額をみると、エマージング株式は減少した一方、エマージング債券は増加した。

個別ファンドでは、「三井住友DSグローバル・ターゲット戦略債券ファンド2022−03(限定追加型)」(三井住友DS)(約670億円)が資金流入で1位となった。2位は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」(三菱UFJ国際)(約660億円)、3位は「アライアンスB・米国成長株投信 D」(アライアンス)(約610億円)と続いた。

主要資産の資金流出入動向(過去3ヵ月と直近月)

※合計には、グラフ表示していない、その他資産も含む

2.投信市場のパフォーマンス動向

「国内債券を除く全カテゴリーのリターンがプラス」

3月の金融市場は、ロシアによるウクライナ侵攻が激化し、月初はリスクオフが加速した。月間では、中旬以降の停戦交渉の進展期待や資源価格上昇の一服感から株価は上昇した。一方で、米欧の金融政策が早いペースで正常化するとの見方が強まり、債券価格は下落した。

株式市場は、先進国を中心に上昇した。上旬は地政学リスクの上昇と資源価格の高騰から前月に続き下落基調となった。月間を通してロシアとウクライナの戦闘状態は続いていたが、両者の停戦交渉が継続して行われていることを受け早期の停戦合意への期待感が高まったことや、ロシア国債のデフォルトが一旦回避されたこと、資源価格の上昇が一服したことを受け、株価は急速に反発した。一方、中国株は新型コロナウイルスの感染拡大により景気停滞懸念が強まり下落した。

債券市場は、米国金利が主導し、世界的に下落(金利は上昇)した。米国金利は、FRBによる積極的な利上げ姿勢、早期の保有資産縮小を織り込む形で、月末には2.3%台(2月末は1.8%台)まで上昇した。

為替市場は、米ドル・円、ユーロ・円ともに円安となった。金融政策正常化を進める米国や欧州に対し、日銀は大規模緩和を継続する姿勢を示し、米ドル・円、ユーロ円ともに大きく円安が進行した。

これらを背景に、当月のリターンは、国内債券を除くすべてのカテゴリーがプラスとなった。ウクライナ情勢を巡り早期の停戦期待が高まったことなどから株価が反発したほか、金融政策の違いから米欧と国内の金利差が広がり、外国債券カテゴリーなどにおいては債券価格の下落率よりも米ドルやユーロの上昇率が上回った。一方、国内債券は、米欧の金利上昇が金利上昇圧力となり、国内金利が日銀の指値オペが実施された0.25%近傍まで上昇したことでマイナスとなった。

パフォーマンス上位5資産のランキングと実績

3.新規設定ファンドの動向

「設定本数、設定額ともに増加」

当月の新規設定本数は29本、設定額は約830億円となった。前月対比で設定本数は19本増加、設定額は760億円増加した。

新規設定ファンドのうち、当月末時点の純資産残高が最大となったファンドは、「三井住友DSグローバル・ターゲット戦略債券ファンド2022−03(限定追加型)」(三井住友DS)であった。当ファンドは日本を含む世界各国の米ドル建ておよびユーロ建ての債券の中でも、原則としてファンドの償還日前に満期を迎える債券に投資し、満期まで保有する持ち切り運用を行う。

新規設定金額、設定本数の推移

最後に、3月の資金流入上位15ファンドを掲載しておく。

資金流入上位15ファンド一覧

(三菱アセット・ブレインズ)