2022年9月30日にグローバルX 米国優先証券 ETF(銘柄コード:2866)が新規上場することから、この新しいETFの特徴、組成や設定のねらいについてご紹介いたします。

基本情報

新しいETF組成の思い

グローバルX 米国優先証券 ETFは米ドル建ての優先証券および米国企業発行の米ドル建て転換優先証券により構成される「ICE BofA Diversified Core U.S. Preferred Securities Index(円換算)」との連動を目指すETFです。

優先証券とは、株式と債券の性質を併せ持つ証券のことで、株式のように証券取引所で取引され、債券のようにクーポンが定期的に支払われます。優先証券は普通社債と比較し信用リスクが高い(企業が倒産した時の法的弁済順位が低い)一方で、その分相対的に利回りが高いという特徴があります。

【企業の資本構造】

※上記はイメージであり、全てを網羅しているわけではありません。

当ETFは優先証券を対象とする国内初のETFであり、投資家の皆さまに新たな投資機会をご提供できると考え、当ファンドを組成するに至りました。

新しいETFの特徴

今回新しく上場する「グローバルX 米国優先証券 ETF」は、円換算した「ICE BofA Diversified Core U.S. Preferred Securities Index」との連動をめざしています。

原則として、米国に上場しているETF(Global X U.S. Preferred ETF)への投資を通じて、実質的に米ドル建ての優先証券および米国企業発行の米ドル建て転換優先証券に投資を行います。

「ICE BofA Diversified Core U.S. Preferred Securities Index(円換算)」は、米ドル建ての優先証券および米国企業発行の米ドル建て転換優先証券のうち、発行残高および売買代金等の要件を満たした流動性の高い約270銘柄で構成されています(2022年8月31日時点)。各銘柄は時価総額加重により構成比率が決定されます(ただし、1発行体あたり最大10%)。

連動指標のパフォーマンス

【ICE BofA Diversified Core U.S. Preferred Securities Index(円換算)のパフォーマンス推移】

【暦年別の騰落率】

(出所)Bloombergのデータを元にGlobal X Japanが作成
(期間)2021年9月1日〜2022年7月29日
※2021年9月1日を100として指数化しています。
・上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料なども考慮しておりません。

【参考情報】
● 情報ベンダーコード
(ETFコード)
Quick:2866/T、Bloomberg:2866 JT Equity、Refinitiv:2866.T
(対象指標)
Bloomberg:PLCR4PM Index

● 対象指標の算出要領
https://indices.theice.com/
※左上の検索窓に「PLCR」と入力し、「Index Rules」よりダウンロードできます。

※指数のディスクレイマーについては下記をご参照ください。
出所 ICE Data Indices, LLCは許可を得て使用されます。ICEはICE Data Indices, LLCまたはその関連会社のサービス/トレードマークであり、BofA®はBank of America Corporationおよびその関連会社(以下「BofA」)からライセンスを受けたBank of America Corporationの登録商標で、BofAの書面による事前承認がない限り使用することはできません。これらの商標は、ICE BofA Diversified Core U.S. Preferred Securities Index 4PM All Exchange Close(以下「インデックス」)と共に、Global X Japan株式会社による使用のためにライセンスされています。Global X U.S. Preferred Security ETF(以下「本商品」)に関連して、Global X Japan株式会社が使用するためのライセンスです。Global X Japan株式会社および本商品は、ICE Data Indices, LLC、その関連会社およびその第三者供給会社(以下「ICE Dataおよびその供給会社」)によって、スポンサー、保証、販売、宣伝されているものではありません。ICEデータおよびそのサプライヤーは、一般的な証券投資、特に本商品への投資の推奨性、またはインデックスが一般的な市場パフォーマンスを追跡する能力に関して、いかなる表明または保証も行いません。指数の過去のパフォーマンスは、将来の結果を示すものでも保証するものでもありません。ICEデータおよびそのサプライヤーは、インデックス、インデックスデータおよびそれらに含まれる、関連する、または派生する情報(「インデックスデータ」)を含む、特定の目的または使用に対する商品性または適合性の保証を含む、明示および/または暗示のいかなる保証および表明も放棄するものとします。ICEデータおよびそのサプライヤーは、インデックスおよびインデックスデータの妥当性、正確性、適時性または完全性に関して、いかなる損害または責任も負わないものとし、これらは「現状のまま」提供され、お客様の使用はお客様自身のリスクで行われるものとします。