電通が正社員を業務委託契約に切り替え、個人事業主(フリーランス)にするという新制度を発表したところ、当初想定されていた100名の応募を大きく上回る230人が応募したという。広告代理店勤務を経て、フリーランス歴19年のネットニュース編集者・中川淳一郎氏は、こうした働き方の変化に対して、何を感じるのか。中川氏は現在、フリーランスの働き方のメリットを実感しつつも、一方であらためて会社員の凄さを感じることも多いという。

 * * *
 現在私はフリーランスの若者に「フリーで成功する方法」的なノウハウを伝える活動をしています。それは「会って色々教えてください」と言われたら会うし、SNSのnoteでフリーランスの心構えや稼ぐ術を説いたりもしています。

 しかし、今、47歳にしてフリーランスで生き残れたことは正直「ラッキーだったな」としか思えません。また、これまで出会ってきた仕事人の顔を思い返したり、今現在も付き合う仕事人のことを思うにつれ、会社員や公務員の優秀さ、というものを日々感じることが多いのです。

 正直、我々のようなフリーランスは「満員電車が嫌い」とか「『稟議』って何? めんどくせー!」といったタイプが多く、自分もそうですがとにかく細かい作業ができなかったり「手順」といったことを面倒くさがる傾向にあります。何しろ「自由であること」こそを大事にする。だから「フリーランス」という呼ばれ方をするのです。

 しかし、今、冷静に私自身の短い4年間の会社員生活や、フリーになってから19年間付き合ってきた会社員・公務員の皆様のことを思い出すと「優秀な人が多かったなァ……」と遠い目をしてしまうのでした。

 一方、フリーランスの同業者を見ると「破天荒なヘンテコリンなヤツが多かったなァ……」と思うのです。破天荒でヘンテコリンでも才能やキラリと光る「何か」があればいいのですが、それもなさそうで、単に「早起きが苦手」とか「なぜか締め切りには必ず1日遅れる」とか、そういった感じの方と何度も遭遇してきました。いや、私にも同じような面があるんですよ……。

 根本的に社会の「常識」に違和感を覚えている人間がフリーになるように感じます。そんな中、サラリーマンはとにかく「組織に迷惑をかけてはいけない」という使命感があるだけに、仕事ぶりがキッチリしているように見受けられます。

 先日、私は佐賀県唐津市に移住しましたが、移住の支援をしてくれる県庁や市役所の方、そしてNPO法人の職員などの仕事ぶりは本当に緻密で、「段取り」がすばらしく完成されている。調整することが仕事の大部分を占めているのでしょうが、私のような人間は、細かい調整などは絶対にできない。

「とりあえず現場行きまーす! 後は流れで……」と、かつての大相撲の八百長相撲のごとき態度で仕事に取り組んでいた。お相手の会社員や公務員は「この人は適当過ぎる人だからな……」といった感じで大目に見てくれていたことでしょう。

 現在、私は会社を経営していますが、細かい実務については弊社のY嬢にすべて任せっきりです。彼女は大企業で11年間サラリーマンをした経験があり、様々な調整事をテキパキとこなしてくれます。それでいて編集者・文筆家としても優秀なため、まさに『ドラゴンクエスト』シリーズにおける「賢者」みたいなポジションです。私など「魔法使い」か「僧侶」でしかなく、やっぱり会社員経験を長くした人は「調整」と「実務」両方ができるんだなぁ……と感心することしきりです。

 ですから、サラリーマンの皆さんは、現在日々行っている「調整」や「社会の常識に伴う行動」を習得したうえで、定年退職後や40代で新たな人生を送るにあたって役に立てることができるのではないでしょうか。自分たちでは気づいていないかもしれませんが、こうしたスキルは当たり前に身につくものではなく、長い会社員生活の中で培われる特殊能力だと思います。壊滅的に調整事ができない私は「あぁ、あと3年ぐらい会社にいればよかった」と今は思う日々です。今回の電通の取り組みで、新しい働き方をする方々はけっこううまくいくんじゃないでしょうか。何しろ彼らは両方を持っているのですから。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。