コロナ禍でのステイホームやリモートワークの浸透によって、自宅生活を支えるホームセンター業界は、販売額が前年比10%増加した。なかでも業界トップ、売上高4410億円を誇るカインズの躍進は著しい。その最前線にはカインズでしか手に入らないオリジナル商品や、商品陳列の工夫が目を引く。

「メンバーと呼ばれる店舗スタッフが毎朝売り場を回り、商品を使った生活のイメージが湧くような陳列を心がけ、常にお客さまが気持ちよく買い物できるよう売り場づくりをしています。そしてメンバーの声を集めて生活に根ざした商品開発を進める仕組みもあり、それがカインズにしかない商品につながっています」(広報部・猪股万莉子さん)

 昨年11月にオープンした、売り場面積9167平方メートル・商品点数約8万点の朝霞店(埼玉県)を訪れた。同店は、デジタル技術を駆使した工夫が盛りだくさんの最新店舗だ。

 店内に足を踏み入れると、案内ロボットが働いているのに驚かされる。「カインズくん1号」と名付けられているこのロボットが先導することで、商品探しもラクラクだ。

 実際、カインズではデジタル化が進んでいる。店舗に備えられているタッチパネルに商品名やキーワードを入力すると、売り場までのルートが一発表示。同社が開発した「カインズアプリ」は、スマホで売り場検索もできる。

 オンラインショップやアプリで注文した商品を取り置き、店内のロッカーで受け取ることも可能だ。また、動物病院やペットホテルも併設する「ペッツワン」コーナーも設置、朝霞店ではカインズ他店舗の情報を検索できる仕組みを初導入した。

 商品の利用時をイメージできたり、実際に試せるのもカインズの魅力のひとつ。家事をラクにする「楽カジ」売り場では、室内干し用ラックを実際に折りたたんで試すことができる。DIYコーナーの「DIY STYLE」には各種工具や3Dプリンターなどを利用できる工房を併設している。人気のアウトドア用品などは実際に使う場面を想起させる陳列方法でひと工夫、布団や枕などの売場では、色やデザインを見比べて選べるように見やすく陳列されている。

 また飲料コーナー「カインズリカー」では、レモンサワーやウィスキーをはじめとしたオリジナル商品を中心に豊富な品揃えだ。ホームセンターとしては珍しい売り場作りと言えるだろう。

撮影/小倉雄一郎

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号