新型コロナウイルスにより日本経済が停滞し家計にも激震が走った。そんな今年、1月28日に念願の第1子“ちびキンちゃん”を出産したのが、元AKB48前田敦子さんのものまねでブレークしたキンタロー。さんだ。彼女もまた、家計に不安を覚えているというが、その家計はどうなっているのか。節約力を上げる効果もある家計簿本『家計ノート』をキンタロー。さんに付けてもらい、それを著者で家計管理のプロ・細野真宏さんが分析。見えてきた家計の“特徴”について語り合った。

 * * *
細野:今回、キンタロー。さんにつけてもらった『家計ノート』を見せてもらって、キンタロー。さんのいろんな面が見えて面白かったです。

キンタロー。:え、そうなんですか? 私はどんなタイプでしたか?

細野:まず、キンタロー。さんは、かなり極端な性格ですよね。ゼロか100か、みたいな。だから、仕事のものまねはかなり真剣にやられているんだな、と思いました。

キンタロー。:あ、それは誰も信じてくれないのかもしれないけど、本当です! ものまねは全力で真剣にやっているんですよ。相手に対して、リスペクトもしていますし、見てもらっている人にもできるだけ楽しんでもらいたい、という一心でやっています。

細野:そうですよね。本当に一生懸命に取り組まれているのはよくわかります。ただ、その反動で、ものまね以外の自分が本気になっていないことについては、かなりの面倒くさがり屋ですよね。例えば、洗濯物をたたんだりするなどの家事が面倒で仕方なかったり、と。

キンタロー。:あ〜、それは本当にそうですね。どうしても自分がやりたいことに集中しすぎちゃう面があるみたいで、正直、家事は苦手です……。

細野:ですよね。そんな性格が、このキンタロー。さんの『家計ノート』にはよく表れているんです(笑い)。

キンタロー。:え、どの辺から私の本当の性格がわかってしまいましたか?

細野:まず、キンタロー。さん、今回『家計ノート』をつけるのは、正直、面倒だったですよね?

キンタロー。:あ、はい……。家計の管理は大事なんだろうな、とは思いつつも、面倒に思っていたのは本当です。

細野:うん、それは筆跡にも表れていますし、何より、買った物を「トマト、納豆、牛乳、豚肉、豆腐」とか、すべて値段と一緒に書き込んでいますよね。これなら、キンタロー。さん以外の普通の人でも「面倒」だと思います。

キンタロー。:えっ、でも、家計簿って、買った物をすべて一品一品、書き出さないといけないものなんですよね?

細野:はい、他の家計簿の場合は、そうですね。でも、そんな大変なことをやっていると、面倒で、とてもじゃないけど続かないですよね。そこで、「どうすれば誰でも無理なく続けられて家計管理ができるようになれるのか」と考えて、この『家計ノート』ができたんですよ。具体的には、買った物をすべて一品一品、書き出すなんて、まったく必要なく、単に「○○スーパー 何円」と、レシート1枚につき1行で書くだけでいいんです。

キンタロー。:あれ、ということは、トマト、納豆、牛乳、豚肉、豆腐……とか細かく一品一品を値段つきで書いていましたけど、買ったお店と合計金額だけを、たった1行書けば終わりだったんですか?

細野:まさにそういうことですね。実は、このような「続けるのに大事なルール」は、最初のページでキチンとわかりやすく解説しているんですよ。でも、キンタロー。さんは「究極的な面倒くさがり屋さん」だから、最初の使い方さえも見ない(笑い)。

キンタロー。:あ〜、「家計簿って大変なものだ」という思い込みがあったから、最初のページさえ見ずに書き込んでいました……。なんだ、そんなに簡単でよかったんですね。レシート1枚にたくさん時間をかけてしまっていました。

細野:例えば、15品買ったとしても、1行だけ「スーパー何円」。それで終わり。だから、1日の家計管理に必要な時間は最長で3分なんですよ。

キンタロー。:えっ、たったの3分でいいんですか! それなら本当に面倒くさがり屋の私でも大丈夫かも(笑い)。

【プロフィール】
キンタロー。/1981年10月24日生まれ、愛知県岡崎市出身。競技ダンスで全国4位の成績を収めた後、社交ダンス講師、OLを経て2012年、30才で芸人としてデビュー。前田敦子などのものまねネタで人気を博すほか、現在では「ママタレ」としての発言も注目を集め、ブログも大好評。

細野真宏(ほその・まさひろ)/日常よく目にする経済のニュースをわかりやすく解説した“細野経済シリーズ”が、経済本で日本初のミリオンセラーとなり、ビジネス書のベストセラーランキングで「123週ベスト10入り」を記録した。首相管轄の「社会保障国民会議」などの委員も務め、金融・経済教育の重要性を世に問い続けている。11年連続完売を記録中の『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2021』が発売中。

■撮影/矢口和也

※女性セブン2020年11月5・12日号