60才を迎えて以降、主な収入は給与から年金に切り替わり、多くの家庭では収入よりも支出が増えて、貯蓄を切り崩して生活していくことになるだろう。マネーの記事や、書籍では“老後資金は3000万円”“老後破産に気をつけろ”などの見出しが並び、見るたびに不安になる人も少なくないだろう。

 都内に住む専業主婦のA子さん(59才)もその1人。1つ年下の夫は来年定年を迎えるが、再就職の予定はない。家のローンが2年前に完済したのが救いだが、貯金額は3000万円には遠く届かない…。

「2人の子供も独立して、教育費がかからなくなった分、ゆとりはできたけど、貯蓄は1000万円ちょっと。年金だけで暮らしていけるかなぁ? 孫も生まれて、ちょっとはお祝い事もしてあげたいし、夫と旅行にも行きたいし…今から3000万円貯金した方がいいの!?」

 そんな多くの人の不安の声に心強く答えてくれるのは、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さん。「今さら、お金がないと悩んでも仕方がない」ときっぱりと言い切る。

「今ある資金は、これまでの結果なので、今になって足りないと不安になっても何も生まれません。一般的な家庭では、退職後、つまり還暦以後から貯蓄を大きく増やすのは難しく、年金収入+足りない分は貯蓄を切り崩していくことになる。そこで大事なのは、“今手元にあるお金で老後をどう生き抜くか”です」(以下、「」内同)

 下流老人に陥ることなく「中流シニア」を目指すには、どうすればよいのか。そのためには、“今からどう貯めるか”ではなく、“毎年いくら貯蓄が減っていくか”を把握するのが先決だ。

「まずはすべての預金通帳を調べて、1年前の預金残高と現在の残高を比べてください。減っている人はいくら減っているのか。たとえ貯蓄が1000万円しかなくても、1年間の赤字が20万円なら、30年後の90才まで生きた場合、600万円あればいい。家電の買い替えや家の修理、入院といった特別支出を200万円分見込んでも、1000万円で老後を暮らせます」

 逆に貯蓄が3000万円あったとしても、赤字が大きければ足りなくなるということ。

「老後に必要なお金は人によって全く違うので、目安になる金額はありません。“何となく不安”はやめて、実際にいくら足りないのかを知ることです。そこで初めて、足りない分を捻出するために外食を控えるとか、車を手放すといった対策を考えることができます」

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号