日本では「お金の話をするのは卑しい」とする風潮もあり、家庭や学校できちんと教えてこなかった。そのため、現代の親には、お金の話が苦手な人や、金融経済用語もちんぷんかんぷんだという人も少なくない。

 ファイナンシャルプランナーの八木陽子さんは「少子化時代の子供は、両親のほか祖父母からも支援してもらえることが多い。また、電子マネーなどが一般化し、現金を使う機会が減っているため、お金の大切さが伝わりづらいんです。お金が流通する仕組みや使い方をきちんと教えないと、お金は無限に使えると勘違いし、借金を繰り返すような大人になりかねません」と警告する。

 年金も終身雇用も“確実”なものでなくなった今、自分を守り、養えるのは自分だけなのだ。お金の話はタブーという固定観念は、まず親が捨てるべき。

 もし子供から、次のようなお金に関する質問をされたら、どう答えるべきか? きちんと答えられるように準備しておこう。

【Q】「お金はどこから来るの?」

【A】できるだけ身近な例をあげて、お金が世の中をめぐっていることを説明してあげよう。例えば…。

「お金の役目は世の中で回ることなの。働くとお金がもらえるよね。そのお金は物を買って手放すことになるし、使わない分は銀行に預けられる。そうやってお金はいつも移動しているの。手放したお金はお店や銀行を移動して、またうちに戻ってくるんだよ」など。

【Q】「○○ちゃんも持っているから私も欲しい」

【A】他の家と比較せず、わが家のルールを貫くことが大切。買ってもらえない理由を、子供が友達に説明できるようになれれば理想的。答え方としては…。

「欲しい物を全部買っていたら、家族で生活するお金が足りなくなってしまうよ。生活をする中で、ないと困る物なら買ってあげるけど、そうでない物は必要ない。それに、欲しい物をがまんした分だけ、将来のためのお金を貯められるのよ」など。

【Q】「うちってお金持ち?」

【A】お金持ちかどうかは、人それぞれの感じ方で違うもの。例えば小学校低学年になら、「みんなが暮らしていけるだけのお金はちゃんとあるよ」や「たまにはみんなで旅行をしたりするために、毎日頑張って働いているんだよ」など。小学校中学年以上には、住宅ローンを含めた家計の状況を詳しく説明してあげよう。

■参考文献/竹内希美子著『12歳までにかならず教えたいお金のこと』(かんき出版)

※女性セブン2018年6月21日号