7月4日、文部科学省の局長が、医大に便宜を図った見返りに、自分の子どもを大学入試で合格させてもらったとして、受託収賄の疑いで逮捕された。医大や歯科大の入試については、コネや裏口入学が噂されることも少なくないが、本当に“ズル”はないのだろうか。首都圏のある高校を卒業した男性Aさん(40代)は、「少し前の話ですが」と断った上で、「私の周りにも何人かいました」と打ち明ける。

 Aさんの出身校は、およそ3割の卒業生が医大や歯科大に進学する私立高校。Aさんが同校を卒業したのは20年以上前だが、同級生の中には、“怪しげな形”で医大や歯科大に合格した者が何人もいたという。

「ある私大の医学部に進学したB君は、『合格発表の前に○○さんから電話があって、“補欠だけど、上の方にしておいたから”と言われた』と言っていました。○○さんというのは高校の先輩で、親族がその私大の学長をしていたため、そのような電話があったそうです。

 またある歯科大に進学したC君は、父親と祖父がその歯科大OBで、祖父はある分野の権威。そんな背景もあってか、C君が実力で進学したと思っている同級生はゼロでした。何しろC君は高校を1年留年しており、成績はほぼビリでしたから」(Aさん。以下「」内同)

 近年では推薦入試などの制度が整備されたことで、表向きはきちんと合格したように見えるケースが増えているようだが、それでもこういった例は、限りなくクロに近いグレーゾーンといえるだろう。このほかにも“手心”が加えられやすい要素があるという。

「私が通った高校からは、中堅や新興の私立医大や歯科大にそれぞれ毎年4〜5人は進学します。各校にはそれぞれOB会があって、強固な学閥が築かれており、大学をまたいでの繋がりも強いようです。学会に行くと、そこかしこで知り合いに出会い、さながら同窓会のような状況だそう。そのような土壌があるためか、二次試験で面接まで進むと圧倒的に有利だという話も聞きました」

 それだけの実績があれば、大学側としても取りやすいということなのだろうか。しかし中には、失敗例もあるそうだ。

「D君は開業医の一人息子で、父親がどうしてもD君を医者にさせたがっているというのは、同級生の間では有名な話でした。D君は受験直前になってもちっとも勉強せず、『父親に任せてあるから大丈夫』と言っていましたが、結果は不合格。D君は、『面接まで行けば何とでもなるから、筆記だけは(実力で)通ってくれって(父親が)言うんだもん。そんなの無理に決まってるよな〜』と、あっけらかんと言っていました」

 D君はその後、浪人して医大進学を目指したものの、6浪突入が決定したところでついに断念。現在は、診療は他人に任せ、医院の経営に専念しているという。