「生涯未婚率」が上がっている。最新の国勢調査の結果によると、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合は男性で約23%、女性で約14%。ライフスタイルの多様化が進む中で、シングルライフを送る人も増えてきたのだ。「独身貴族は羨ましいよな」──稼いだお金を趣味や娯楽に使えることから、そう言われることもある独身生活。だが、悠々自適の生活には、落とし穴もある。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が対策を解説する。

 * * *
 日本は「ソロ社会」が到来しています。2040年には単身者世帯が4割になるという推計もあり、今後ますます「シングル」が増えていくとみられています。世の中も「おひとりさま」に対応したサービスが充実して、旅行や食事などを1人で楽しめるようになってきました。コンビニやスーパーでも、一人分の総菜などが増えており、シングルライフが送りやすい社会になってきています。

 ただし、お金の面では注意が必要です。30〜40代で、同じくらいの年齢の人たちと食事した時には、「自分のためにお金を使えていいなあ。俺なんか家族を養うのに精一杯だよ」なんて言われることもあるでしょう。ですが、そんな「独身貴族」は一時的なもので、その時期に無計画な暮らしをしていると、将来「独身貧乏」になる恐れがあります。

親の介護、考えていますか?

 50代前後で直面する人が多いのが、親の介護です。厚生労働省・総務省のデータを元にまとめた生命保険文化センターの調査によれば、要支援・要介護認定を受けた人の割合は、80〜84歳で28.2%、85歳以上では60.0%となっています。80代の両親が健在であればどちらか1人は生活にフォローが必要となるといえます。

 また、同センターの調査によれば、介護の平均期間は5年弱、費用は一時的な費用として平均80万円、月額で平均7.9万円がかかっているようです。どの程度の介護が必要か、どんな介護サービスを受けるかによって異なりますが、月額10万円以上かかっている人も約3割にのぼります。

 親の介護は独身者に限った問題ではありませんが、手分けできるパートナーがいない上に貯金もなければ、「いざというときに親を援助しようとしてもできない」「介護サービスでお金がかからないよう自ら介護する=仕事を辞めて自分の生活が苦しくなる」という袋小路にはまることになりかねません。特に離れて暮らしている場合、どうフォローするか、親と相談した上で準備しておいたほうがよいでしょう。

1人世帯の年金はいくら?

 さらに先の話になりますが、自分がリタイアした後の生活費の準備も必要です。独身世帯だと、平均的な収入でサラリーマンを続けてきたケースで、年金受給額は月額16万〜17万円ほど。大卒初任給平均より少ない金額になります。しかもここから、各種保険料が天引きされて、手取りはもっと少なくなります。

 独身だと、実家を継ぐのでもなければ、生涯にわたって賃貸住宅に住み続けるケースが少なくないでしょう。その時には、2年に1回の更新料も含めて考えると、月額16万〜17万円では「独身貴族」どころか厳しい生活になることが予想されます。

 いまもらっている収入は、いま全額使ってよいものではなく、自分が一生暮らしていくために必要なお金の一部であるという認識を持って、計画的に貯蓄していくことが必要なのです。危機的になってから節約を始めるのではなく、いまから家計をダイエットすることをお勧めします。

自分の介護は誰がするのか

 シングル世帯の落とし穴は、自分が動けなくなった後にもあります。あなたが要介護状態になって誰かの力を借りざるを得なくなった時にどうするか──そのリスクを考えておくべきなのです。

 兄弟姉妹がいても、同じように年を取っていて頼れないケースが多いと言えます。では、自分より世代が下の親族に頼れるか、頼れないならどうするか。やはりここでも、蓄えがなければ苦しい状況に追い込まれます。今後、シングルの高齢者が増えてくる中で、そうした方向けの介護サービスが充実してくると考えられます。それを利用するための最低限の貯蓄は必要でしょう。

 普段、ファイナンシャル・プランナーとして多くの方の相談を受けていると、とくにシングルの方のほうが老後のリスクに対する準備が不十分なケースが多い印象を持ちます。いつからいくら必要かを書き出してみて、落とし穴にはまらないよう今から準備していきましょう。

◆しみず・あや/CFPR、1級FP技能士、住宅ローンアドバイザー、証券外務員I種。30歳でファイナンシャル・プランナーとして独立、長野・東京で活動中。主に30〜40代の「普通のくらし」を求めている方への「自分がお客様の立場だったらどういう判断をするか」を軸にお金の持ち方・つかい方のアドバイスに力を入れている。ライフプラン作りから資産運用まで老後にわたる継続的なサポートすることを事業理念として活動している。HPはhttp://www.fp-saku.com/。