どんどん長くなる老後を不自由なく過ごしていくために、家計の柱となるのが「年金」だ。ところが、どれだけ真面目に保険料を納めていても、ちょっとした見逃しや不注意で、本来もらえるはずの年金を受け取れなくなる。その落とし穴にはまっている人は思いのほか多い。

 専業主婦をしている妻に関していえば「加給年金」「振替加算」の申請ミスに注意したい。“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「加給年金は、『夫によって生計が維持されている年下の妻』がいる場合に加算される年金です。厚生年金への加入期間が20年以上ある夫が、年金請求書に妻の生年月日やマイナンバーなどの必要事項を記入し、夫婦の戸籍謄本、住民票、妻の所得証明書などを添付することで、夫の年金に最大で年額38万9800円が上乗せされます。言わば、年金の『家族手当』です」

 妻が65歳になると加給年金は受け取れなくなるが、妻が自分の年金の請求手続きをすると、今度は「振替加算」が妻の年金に上乗せされる。その額は妻の年齢が高いほど多く、現在75歳の妻なら年間約12万円、65歳なら同6万円となる。

 すでに受給が始まっている世代なら、この“得する年金”をもらい損ねていないかは、毎年6月に届く「年金額改定通知書」でチェックできる。

 注意すべきは、妻が年上のケースだ。年上妻の場合、加給年金は支給されないが、夫が65歳になると年下妻と同様に、妻の年金に振替加算が上乗せされる。だが、年下妻の場合と違って、夫が65歳になった際、妻自身が年金事務所で振替加算の受給開始の手続きをする必要がある。

 年上妻が何年も前に年金をもらい始めている場合はとくに“もう一度年金をもらう手続きをする”ことを忘れてしまいがちで、申請漏れを起こしやすい。

「夫が65歳以上、妻が年上」の家庭は、妻の通知書で左上図の該当部分に「振替加算額」の記載があるかをチェックする。社会保険労務士の北山茂治氏は、このように注意喚起する。

「申請漏れの可能性があるならば、すぐに年金事務所に問い合わせましょう。5年分まで遡って取り戻せます」

※週刊ポスト2019年2月15・22日号