『ねこじゃすり』は、撫でられた猫がうっとりとろけてしまうような猫専用ブラシだ。ブラシといっても毛やノミを取る役割があるわけではない。ただ、“猫が気持ちよくなるだけ”の商品がなぜヒットしたのか? それは、ある愛猫家ならではの心を捉えたからだった──。

『ねこじゃすり』を開発したワタオカは、やすりシェア95%を誇る広島県呉市仁方で126年続くやすりメーカーだ。2012年頃、代表の綿岡美幸さんは、野菜の皮をむくためのやすり商品の開発に取り組んでいたが、なかなか思うようにいかず、頭を抱えていた。

 しばらくは開発を諦め、ほかの商品の販売に注力していたものの、2015年のある日、持ち帰った野菜用やすりの試作品で愛猫のグーガを撫でてみると、なんとも気持ちよさそうないい反応が返ってきた。「猫の舌の感触に似ているから、気持ちいいのかもしれない」と思いついた綿岡さんは、野菜用のやすりではなく、ペット用のやすりの開発をスタートした。

 綿岡さんが初めにやったのは、飼い猫だけでなく、他の猫の反応を見ること。同社で活動を行っている保護猫の反応も参考にした。次に、猫だけではなく、犬にまで対象を広げてアンケート・モニター調査を実施。犬の反応は芳しくないが、猫については概ね気持ちよさそうにしてくれることがわかった。

 同時に、やすりの形状についても試作を繰り返した。表面の目の形状と樹脂の種類を何種類も組み合わせ、3Dプリンターで試作。1年かけて、猫がいちばん気持ちよくなる組み合わせを追求した。

 こうして2016年、最終形態の試作品が完成。この時はまだ、商品化は決定していなかったが、同年2月、ギフトショーに出店した際に試作品がメディアに取り上げられたことから商品化を決断。クラウドファンディングで出資を募った。「ただ猫が気持ちよくなるだけの商品に需要があるだろうか…」と懸念していたものの、想定以上の出資額が集まった。「うちの猫が気持ちよくなってくれる、それだけで嬉しい」という猫に尽くしたい愛猫家は、予想よりはるかにたくさんいたのだった。

 また、商品化をするにあたり、金型を作らなくてはならない。繊細な目を再現するためには高い技術力が必要な上に、通常の商品の2倍の金型代がかかる。クラウドファンディングで集めた資金はこの金型代としても活用された。

 2017年に発売されると、目標の5000本をすぐに達成した。1本3780円と決して安い商品ではないものの、ギフト需要や“猫に尽くしたい”という愛猫家の心をがっちり捉え、人気商品となった。

 愛猫のグーガは『ねこじゃすり』を取り出すと、自ら寄ってきて「撫でて」とおねだりするという。また、最初は人に近づいてこなかった保護猫も、『ねこじゃすり』を通して触れ合ううちに、心を開いてくれた猫が何匹もいたそうだ。もっと猫と仲よくなりたいと思っている猫好きさんたちはぜひ、手に取ってみてはいかがだろう。

※女性セブン2019年2月28日号