昨年公開された法務省の調査によると、日本で暮らす中国人は約74万人。帰化申請して日本国籍を取得している人や不法滞在者を含めると、100万人を超えるともいわれる。ママ友の集まりも、日本人だけでなく、中国人のグループを見かける機会が増えた。

 東京近郊には大規模な中国人ママ友グループがいくつかあり、“WeChat”という中国版のLINEのようなスマホアプリのグループ機能を使って、食材の共同購入や子供の遊び場情報、育児に関する情報などを毎日やり取りしているという。

 中国人ママたちのおしゃべりは、教育の話題になると一気にヒートアップする。日本の上場企業で働く夫を持つ上海出身の李菁菁さん(29才・仮名)が語る。

「中国では公立の小中学校でも学費がかかるから、日本の無償の義務教育は素晴らしい仕組みだと思う。日本人視点での礼儀やマナーをしっかり教えてくれることも助かります。

 だけど、“人に迷惑をかけない”ことを教わるばかりで、リーダーシップを育てる教育がされていないのが心配。中国では、自分の意見を発言できるリーダー力の訓練も教育の一部です」

 一方、中2の娘と小5の息子を持つ北京出身の王麗華さん(38才・仮名)は、中国のある慣習が“日本にないこと”を評価する。

「日本の学校には、『老師節(中国でいう“教師の日”)』がないのでラク。中国では毎年9月に学校の先生に贈り物をする慣習があるけど、それが充分でないと悪い成績をつけられたり、子供が冷遇を受けるから気が抜けない。宿題も大量で、深夜まで手伝っても終わらないから本当に大変ですよ」

 日本人の私たちには信じられない慣習だ。お国柄の違いは、習い事にも表れる。

「幼稚園や小学校の子供を持つ日本人ママは、どうして水泳やバレエを習わせるんだろう。しかも、本気でプロを目指しているわけでもないから、ビックリ。中国ではそんな時間があるなら、フラッシュカードで頭脳を鍛えるような英才教育に時間を使いたいと考えるのが普通です」(李さん)

 中国に詳しいジャーナリストで『日本の「中国人」社会』(日本経済新聞出版社)などの著書がある中島恵さんはこう解説する。

「かつて中国には、『科挙』という厳しい役人登用試験があり、その名残が現在もあるため、学力が高いことを非常に重んじます。日本に比べ、学歴がない人が社会で成功するのはかなり難しいのです。そういった事情もあり、中国人ママたちは教育熱心にならざるを得ない。日本と違い、PTA役員も中国では先生とのコネクションが作れるということで、積極的にやりたがる人が多いのです」

※女性セブン2019年4月25日号