かつては『一億総中流社会』といわれながら、いつしか社会に「格差」が生まれ、広がりつつある日本。昭和までの日本社会は、『資本家階級』、『中間階級』、『労働者階級』の3つに分かれると考えられてきた。しかし近年は、労働者階級の内部に巨大な裂け目ができ、極端に生活水準の低い非正規労働者の新しい下層階級=『アンダークラス』が誕生している。

 非正規労働者のうち、家計を補助するために働くパート主婦、非常勤の役員や管理職などを除いた人たちを「アンダークラス」と呼ぶ。『アンダークラス』(ちくま新書)の著者で、社会学者の橋本健二さん(早稲田大学人間科学学術院教授)が語る。

「アンダークラスの数はおよそ930万人に上り、就業人口の14.9%を占め、社会の一大勢力になりつつあります。平均年収は186万円で、貧困率は38.7%と高く、特に女性の貧困率はほぼ50%に達しています」

 アンダークラスの女性はどんな生活を送っているのか。離婚して貧困を余儀なくされている埼玉県在住の36才・シングルマザーの吉田惠さん(仮名)の話。

「母はできちゃった結婚で私を産み、父は定職には就いていなかった。家計を助けるために母はパートに出ていて、貧しい家で育ちました。私が物心ついた頃には父から虐待を受け、地元の高校を卒業後は大学へ行かず、すぐに実家を離れて働き始めました」

 これでは安定した会社に就職できるわけもなく、これまでずっと非正規労働。今も派遣社員として働いている。

「そんな家庭で育ったからか、私も20才の時にできちゃった結婚をして。でも3年後には離婚してシングルマザーになりました。今の月々の手取りは14万円程度。息子も高校生になり、私立の学校に通うことになって、生活が苦しくて…消費者金融で借金もしています。派遣で収入が少ないのに子供の養育費、借金の返済とその日暮らしの生活しかできません」

 いじめや虐待を受けていた過去がある人が、アンダークラスに陥りやすいこともわかっている。前出・橋本さんが語る。

「アンダークラスの多くは、下層の家庭に育ち、学校教育から排除され、就職に失敗、あるいは就職しても早期に退職をしてアンダークラスに流入しています。学校では成績がふるわないことが多く、約3割がいじめに遭った経験があり、不登校の経験者も1割に達し、中退経験者も多い。暗い子供時代を送った人が多いのが特徴です。

 ただし女性では比較的恵まれた家庭に育った人も少なくなく、普通に結婚して主婦になったあと、離死別を経てアンダークラスに流入する人がかなりいます。女性は多様なルートでアンダークラスに流入しているのです」

『最貧困女子』(幻冬舎新書)などの著書があるルポライター・鈴木大介さんは、男女の性差による違いを指摘する。

「女性の貧困者に触れた時に感じるのは、『なぜこんなにも被害経験の多い女性が多いのか』ということです。配偶者や交際相手からの暴力、親からの暴力、性暴力の被害、学生時代のいじめ経験、職場いじめ、さまざまなハラスメント。女性の貧困者は、さまざまな被害経験によって、もともとメンタルを痛めつけられてきているのです。

 例えばDV夫から別れたら、そこからがあなたの自由な人生の再スタート、輝かしい旅立ちではないかと、ぼくはそう思っていました。しかし、殴られ脅され、それでも別れられずにギリギリ耐えた彼女らは、離婚できた時点でフルマラソンを走り終わった走者のような状況なのだと思います。そこからの回復や心に抱えた苦しさの緩和がなければ、一歩を踏み出すこともできず、結果、貧困からも抜け出せません。女性の貧困は自己責任ではなく、そこに彼女たちを追いやる『男性中心社会』の責任です」

※女性セブン2019年5月2日号