「年金だけでは暮らせない」「今から2000万円も貯められるだろうか」──6月に公表された金融庁の報告書が、国民の不安を煽り続けている。しかし、マネーの専門家らは「そこまで悲観的にとらえることではない」という。実際に年金で生活している高齢者からは、「年金だけで充分暮らせる」という声も出ている。“2000万円”という数字に踊らされず、生活を見直す力があれば、誰しも幸せな老後を過ごすことができるというわけだ。

 とはいえ、老後を堅実に生きるためには「支出の見直し」が欠かせない。『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)の著者で、久留米大学商学部教授の塚崎公義さんが語る。

「郊外に3LDKの一戸建てを持ち、子供が巣立ったのなら、都心のワンルームに夫婦で引っ越した方がいい。光熱費が減り、車も必要なくなります。私も車を手放しましたが、都心なら公共交通機関が便利ですし、駅まで歩くと運動になるのでジムに通う必要もありません。ぜいたくにタクシーを使っても、車があった生活よりお金はかかりません」

「住居」に続き、「自動車」と「保険」も有力な見直し候補となる。ファイナンシャルプランナーの森田悦子さんが語る。

「最近は高齢ドライバーの運転が社会問題化していますが、1500cc程度のコンパクトカーを手放せば、維持費だけでも年間50万円浮きます。公共交通機関が発達した都会なら車なしでもさほど不自由はなく、地方の場合も最近普及しているカーシェアリングが使える地域なら、自家用車を手放すことは可能です」

 また日本には高額療養費制度があり、医療費が高額になっても、一般的な人なら9万円程度の自己負担で済み、あとは健康保険が払ってくれる制度もある。

「62才の時に加入・更新した医療保険をやめれば、年間30万円浮くとの試算もあります」(森田さん)

 今や日常生活に欠かせなくなった携帯電話も、例えば同じ3ギガでも、UQモバイルはドコモより月4000円も安い。

「昔は『一家に1台』が当たり前だった固定電話も見直したい。携帯電話があれば間に合いますし、固定電話があると振り込め詐欺や悪質な勧誘などのリスクが増します。NTTを利用している場合、解約すれば月々の基本料金1700円を丸々節約できます」(森田さん)

 支出の見直しばかりではなく、幸せな老後を送るためには、安心できる人がそばにいることも肝要だ。大阪府守口市の公団団地に暮らす野澤寿美子さん(86才・仮名)が語る。

「私たち夫婦は趣味がないのですが、近所に住む娘たちが年に1〜2回はどこかに連れて行ってくれます。今年1月には夫の卒寿記念で、滋賀県長浜のホテルでお祝いしてくれました。

 老後に2000万円必要という報道には、“そんなにいるもんかいな!?”と驚きました。私たちは国民年金だけで充分楽しみながら生きていますから、2000万円もあれば、娘たちにあげたい。このまま家族が健康に暮らせれば、ほかに望みはありません」

 老後に息子や娘がそばにいれば、買い物や病院の送り迎えなどもしてくれるし、万が一の時も安心できる。前出の塚崎さんは、一歩進んで「子供世帯との同居」をすすめる。

「子供世帯と一緒に暮らせば食事や光熱費などのコストを圧縮でき、精神的な支えにもなります。現役世代なら、まずは自分の親を引き取って、親の年金と夫の稼ぎの両方で暮らす姿を子供に見せておく。それを見ていた子供たちは、将来の同居をスムーズに受け入れてくれるかもしれません」

 老後の心配は、貯蓄だけにとらわれすぎてはいけない。

「お金のかかる友人とのつきあいなど、人間関係も見直すべき。しかし、金銭面には有効なダウンサイジングをしても、夫婦円満を壊すような無理な倹約は本末転倒です。老いても幸せに暮らすために生活を見直すのであって、生活の見直しそのものが目的ではないことをくれぐれも忘れないでほしい」(塚崎さん)

 見直せることと見直せないことを見極めることも、幸せな老後を過ごすためのカギとなる。

※女性セブン2019年8月1日号