突然壊れて慌てることが多いキッチン家電。毎日のように使うものだけに、買い替えに失敗しないように、気をつけることとは?

 日頃料理をしない人でも、冷蔵庫で飲み物を冷やしたり、お総菜を電子レンジで温めるなど、キッチン家電は生活必需品だ。それだけに、壊れたら急いで買い替えようと、店頭ですぐ手に入るものを選びがちだ。すると、「急いで買った結果、大きさや機能、使い勝手などに不満を抱いている人も多い」と話すのは、家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんだ。

 内閣府による「消費動向調査」(2017年3月)によると、2人以上の世帯の、冷蔵庫平均使用年数は13.3年。この中で、故障で買い替えたケースは、65.7%にも及ぶ。

「家電は、いつかは壊れるもの。使用状況によって誤差はありますが、冷蔵庫や電子レンジは10年というように、だいたいの寿命は決まっています。修理に必要な部品のメーカー保有期間を考えると、寿命の約1年前から、商品情報をチェックし、セールのタイミングなどを見計らえば、失敗なく、お得に買い替えができるでしょう」(神原さん・以下同)

 年数以外にも、故障、寿命のサインは表れるので、注意して見ておこう。

 たとえば冷蔵庫の場合は、「冷え」具合で判断する。

「冷蔵庫は冷凍室から壊れ始めることが多いので、氷がくっついていたり、アイスクリームがやわらかい、などが衰え始めたサイン。このほか、庫内の冷えが悪く、騒音がするのも故障の予兆です。特に音は、冷やすためのコンプレッサーが劣化して、過剰な負担がかかり始めると大きくなるので、音が気になるようになったら、買い替えサインと思ってください」

 また、扉がぴったりしまらないのはゴムパッキンの劣化が原因。メーカーでの修理が可能だが、出張修理費用など1万円以上かかる。

 炊飯器は、内釜と温度センサー部分を確認しよう。毎日使う、月に数回しか使わない、など使用頻度に差がある炊飯器の劣化は、内釜とセンサー部分から始まることが多い。

「コンピューター制御された現在の炊飯器は、本体にある温度センサーが内釜に反応しておいしく炊けるようになっています。内釜が傷ついたり、センサーが錆びたり、焦げつくと、日によって炊きムラが生じます。これも買い替えの目安」

 寿命を延ばすには、内釜の外の水を拭いてからセットする。このひと手間が重要。また、炊き上がりや保温ご飯がにおう場合も替え時だ。

 電子レンジは、温めムラをチェック。充分な時間をかけて加熱しているのに、温めムラが増えた、うまく解凍できなくなってきた、そんな場合は買い替えを。

「電気製品は全般に、衰えてくると頑張って働こうとして音が大きくなる傾向があります。いつもと違った音がしてきたら、故障寸前だと思ってください」

 電気ポットはカルキを確認。

「電気ケトルや保温機能を備えたポットは、湯が沸くまでの時間が延びたり、温度調節がうまくいかなくなり始めたら、買い替えの検討を。また、内側を掃除してもカルキが取れなくなったり、給水パイプに不純物がたまってゴミなどが出てくる場合は、衛生面での寿命です。さらに、コードの接触が悪くなると火災事故の危険もあります。本体がまだ使える場合は、コードのみ買い替えるのもいいですね」

 また、ふたパッキンは消耗品なので、亀裂や汚れ、傷みが目についたら交換を。

※女性セブン2019年11月7・14日号