外国人労働者を受け入れて労働力不足を補う、と政府は大きな旗振りをし、特定技能を指定して受け入れ拡大を目指したが、現実にはなかなか進まない状況だ。その問題はどこにあるのか、経営コンサルタントの大前研一氏が考察する。

 * * *
 法務省出入国在留管理庁の発表によると、外国人労働者の受け入れを拡大するために新設された「特定技能」の在留資格を得た外国人は11月8日時点で895人に過ぎず、実際に日本で働いている人は9月末時点でたったの219人だった。政府は2019年度に最大で4万7550人の受け入れを見込んでいたが、資格取得者はまだ2%足らずでしかなく、目標には到底届きそうにない。

 改正出入国管理法が4月に施行されてから半年も経っているのに、なぜ受け入れが進んでいないのか?

 問題は、外国人労働者を一括して司る省庁がないことだ。受け入れの窓口は出入国在留管理庁だが、就労(雇用)については厚生労働省の所管である。国家の「人事部」を自任するメンタリティがどこにもなく、対応が中途半端なのだ。

 たとえば、ナニー(母親に代わって子育てをする女性)は世界中から引く手あまたで、その人材獲得は国際的な競争になっている。日本の場合、ナニーは「特定技能」在留資格の対象ではなく、東京、神奈川、大阪などの国家戦略特区だけで「外国人家事支援人材」の雇用を認めているが、日本の女性を育児や家事から解放するためには、日本全国どこでも受け入れられるようにすべきである。

「絵に描いた餅」ばかり

 これまで日本は、人手不足になったら外国人労働者を慌てて呼び込み、不況になったら追い返してきた。たとえば、1980年代のバブル期には日系ブラジル人を大量に受け入れ、バブルが崩壊した途端に解雇した。同じ轍は二度と踏むべきではない。そのためには人数の目標だけ設定するのでなく、きちんとした外国人受け入れ制度を作らねばならないのだ。いくら枠組みを作っても、それを担保していく仕掛けがなければ、優秀な外国人労働者が定着するわけがない。

 外国人選手が大活躍したラグビーW杯の日本代表のように、能力のある外国人を日本の社会に適応・融合させて「ワンチーム」にするという発想が必要なのである。

 結局、安倍政権がやっていることは「絵に描いた餅」ばかりだ。鳴り物入りで今年4月に導入された「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」(*)は、適用を受けた労働者が9月末現在で6社の353人にとどまっているという。あれほど国会で与野党が侃々諤々の議論を繰り広げたのに、蓋を開けてみれば、まさに大山鳴動してネズミ1匹。だが、すでに本連載で指摘したように、今や高プロの対象となる仕事の多くは外注されているのだから、これは当然の帰結である。

【*高収入の専門職を労働時間規制の対象から除外する仕組み。年収1075万円以上のアナリストやコンサルタントなどが対象。労働基準法に定められた労働時間、休憩、休日および深夜の割増賃金に関する規定が適用されない】

 東京一極集中を是正する地方創生の目玉政策として喧伝された、東京の企業が地方に移転するか地方拠点を拡充すると税金が軽くなる優遇税制も、創設された2015年度から2017年度までの3年間で利用がわずか74件だった。私は4年以上前に「噴飯もの」「理解不能な愚策」と批判したが、今は最低賃金の引き上げや全国一律化の動きが加速し、企業にとって地方移転や地方拠点拡充のメリットはますますなくなっている。つまり、政策の整合性が全くないのである。

 なぜ、これほど無意味な政策が連発されるのか? 経営の視点がないからだ。要するに「日本国株式会社」には経営者も人事部長もいないのである。厚労省に労働者をケアする“介護室”のような部署があるだけなのだ。しかし、このままでは熾烈な人材競争を繰り広げている世界に伍していくことはできない。外国人労働者も含めて人材の育成を専門に司る「人材省」か「人材企画庁」を早急に創設し、質と量の両面から改革を断行すべきである。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号