地方都市の地域活性化策、最新の潮流は「アニメ」の活用だ。聖地巡礼のブームにあやかろうとする試みは全国各地で行なわれているが、簡単にはうまくいかないようで……。

「舞台が沼津と発表されたのは2015年でした。当時年間400万人だった観光客数はそれからわずか2年後には60万人以上も増え、“聖地”近くの観光案内所は利用者数が13倍にも膨れ上がりました」

 こう話すのは、静岡県沼津市観光戦略課の益田紀仁氏。きっかけは人気アニメ『ラブライブ!』の続編として2016年から放送が始まった『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台に同市が選ばれたことだった。

 9人の女子高校生が廃校を救うためアイドルを目指す物語は幅広いファン層を獲得。昨年末には出演声優のユニットが紅白歌合戦に出演した。

 こうした人気を受けて、登場人物の背景に描き込まれる学校や街並みを訪ねる“聖地巡礼”のファンたちが後を絶たない。観光学が専門の岡本健・近畿大准教授が解説する。

「全国各地の自治体が町おこしに苦慮する中、映像コンテンツを利用した観光客誘致は、作品のファンを地元に呼べる可能性を秘めています。NHKの大河ドラマの舞台となる都市への経済効果が放送の2年後には消えてしまうという傾向が最近の研究で報告されているのと比べると、アニメの聖地巡礼は放送後何年も継続して観光客を集める例が少なくありません」

 女子高生同士が戦車に乗り戦う異色の奮闘劇を描いた『ガールズ&パンツァー』の舞台である茨城県大洗町では、2012年の放送開始前には年間300万人だった観光客が放送を機に400万人を突破、テレビ放送終了から5年経った2018年も453万人(県内観光客動態調査)を維持している。

 アニメ聖地巡礼の“元祖”といえるのが女子高生4人組の日常を描いた『らき☆すた』(2007年放送)だ。

 舞台の1つになった鷲宮(わしのみや)神社(埼玉・久喜市)の初詣客(1月1〜3日)は放送前の2007年に13万人だったが、放送3年後の2010年には3倍以上となる45万人を超え、その後も47万人台で推移している(2017年5月公表の日本政策投資銀行のレポート)。

 一方で、急激な観光客の増加は、現地に困惑も引き起こしている。前述の沼津市で作品に登場する女子高のモデルとなった中学校に足を運ぶと、校門前に〈学校用地へは無断で入らないでください〉と記した張り紙がある。

 地元住民に話を聞くと、「熱烈なファンが無断で敷地内に立ち入ったり、生徒が写り込むような写真を撮影したりしたことがあり、トラブル回避のため張り紙をするようになった」という。海外から訪れるファンも多いのか注意書きには英訳文も添えられていた。

 作品に登場する飲食店などでは放送前と比べ3倍近い客入りを喜ぶ声がある一方、「ファンが乗ってきた車を停めきれず、隣のお店の駐車場にまで溢れてしまった」(店主の1人)と困惑する声も聞かれた。

 ただ、もたらされる経済効果は大きいだけに、地元では観光客誘致につながるような様々な策が講じられた。地元企業や商店が費用を出し、市内商店街のアーケードには登場人物を大きく描いたタペストリーが掲げられ、商店前にはポスター、フィギュア、キャラクターの等身大スタンドなどが設置されるようになった。登場人物が描かれたラッピングバスも町を走る。

 ただ、そうして街中にキャラクターが溢れるようになるなかで、思いもよらない事件も起きた。

 2018年6月、登場人物をデザインした市内の下水道マンホールの蓋に塗料を塗りつけるなどした疑いで高校生2人、大学生1人が器物損壊容疑で逮捕・送検されたのだ。いずれも首都圏からわざわざ沼津を訪れ、犯行の様子をインターネット上に投稿していた。

 マンホールに描かれたキャラクターの顔が白く塗りたくられた画像がネット上に出回ると、ファンからは悲しみの声が相次いだ。自治体側はマンホールを一時撤去し、4か月かけて防犯カメラが完備されているエリアを中心に再設置するなど、対応に追われることとなった。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号