地方都市の地域活性化策、最新の潮流は「アニメ」の活用だ。『ガールズ&パンツァー』の舞台である茨城県大洗町では、2012年の放送開始前には年間300万人だった観光客が放送を機に400万人を突破、テレビ放送終了から5年経った2018年も453万人(県内観光客動態調査)を維持している。

『らき☆すた』(2007年放送)の舞台の1つになった鷲宮(わしのみや)神社(埼玉・久喜市)の初詣客(1月1〜3日)は放送前の2007年に13万人だったが、放送3年後の2010年には3倍以上となる45万人を超え、その後も47万人台で推移している(2017年5月公表の日本政策投資銀行のレポート)。

 だが、こうした「アニメで町おこし」の取り組みも、地元の熱意が空回りした挙げ句、批判を浴びることがある。

 地元の農業高校を舞台にしたラブコメディ『のうりん』(2014年放送)のキャラクターを町おこしに採用してきた岐阜県美濃加茂市が“炎上”したのは2015年11月のことだ。

 市の飲食店などを巡るスタンプラリーの告知ポスターを地元の観光協会がツイッターに投稿すると、女性キャラクターの大きく開いた襟元と豊満なバストが強調された絵柄に「セクハラ」「不愉快だ」という批判が相次ぎ、ポスターの回収とデザイン変更に追い込まれた。市産業振興課の担当者はこう話す。

「当市はこれといって観光施設がないので、作品とのコラボは手探りで始めたものです。上映会を開いたこともあるのですが、その際にはちょっと過激なシーンがあっても特段の異論は出ませんでした。ご批判をいただいたのは何種類か用意したポスターのうちの1つですし、実際に貼ったのは10枚程度。しかも、貼った際に炎上しただけでなく、剥がす時も『どうして外すのか』とご批判があった。回収以降は、コラボのお話は具体的にはありません」

 美濃加茂市の例はファン以外からの批判が中心だったと考えられるが、むしろ熱心なファンから批判的な目線を向けられることもあるから、事態はより複雑だ。

 宇宙からの敵と少女たちが操るロボットとの戦いを描いた『輪廻のラグランジェ』(2012年放送)の舞台は千葉県鴨川市。各話のタイトルに必ず「鴨川」が入るほか、作品中に地元産品である鯛やアジを用いた名物丼を登場させるなどしていたが、この作風がかえって“地域おこし狙いの仕掛けではないか”とアニメファンに勘繰られた。「あざとすぎる」などという批判がネットの掲示板を中心に展開されたのだ。観光学が専門の近畿大准教授・岡本健氏がいう。

「アニメの舞台を聖地と見るファンは、あからさまな仕掛けを嫌う。ただ矛盾するようですが、利益が出なければ“推し”の作品は続編もできず、楽しみが終わってしまうことも理解している。したがって『気持ちよくお金を払いたい』という複雑な心理がある。そこに寄り添っていないと、思いも寄らぬところから炎上することがあるのです」

グッズ売り切れにお叱りが…

 微妙なファン心理と向き合う試行錯誤も涙ぐましい。

 今年8月、東京・秋葉原で開かれた全国の映画やドラマのロケ地から「行きたいまちナンバーワン」を決める「全国ふるさと甲子園」で、グランプリを獲得したのは佐賀県唐津市だ。ゾンビになった少女7人がアイドルユニットを結成し、成長していくアニメ『ゾンビランドサガ』(2018年放送)の舞台である。

 ニコニコ動画が主催する「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙18年間大賞」で1位になるなど好評を博した作品で、地元のテレビ番組で山口祥義知事が登場人物の1人のコスプレで登場するといった演出も奏功している。

 ただ、市の担当者に聞くと、「過去の経験の蓄積があって、今があるんです」と語る。

 もともと唐津市では男子フィギュアスケートを題材にした『ユーリ!!! on ICE』(2016年放送)が女性ファンに支持され、放送終了後から昨年8月までの統計で宿泊やグッズ販売など直接的な経済効果だけで4億円を売り上げた。聖地巡礼関係で宿泊者2万人という実績は、市全体の宿泊者が50万人の唐津市では上々の効果だという。

「ただ、お叱りもたくさんいただきました。作品では、出身地が唐津という設定なのはあくまで主人公。それなのに、別の登場人物を前面に出したことで『それはおかしい』と電話で抗議をいただいたこともあるし、グッズが早く売り切れることにもご批判がありました」

 唐津市ではこうした反省点を記録・共有して『ゾンビランドサガ』関連の取り組みに生かしているという。前出・岡本氏はいう。

「アニメファンの目線に上手に寄り添うには、地域の側にファンと一緒になって作品を読み込むような熱い人が必要になる。失敗して試行錯誤をする苦労を楽しめるくらいでないと“アニメで町おこし”はなかなか成功に至らないのです」

 地元が舞台となった作品に“打算”だけで飛びついても、うまくはいかないようだ。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号