2020年、キャッシュレス還元策が終わった後の10月に導入が検討されているのが、マインバーカードを使った「マイナポイント」だ。『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2020』の著者で“カリスマ家計簿考案者”としても知られる細野真宏氏が、現行のマイナンバーカード利用によるメリットと合わせて解説する。

読者代表・コロちゃん(以下コロ):2020年は7月からは国の「キャッシュレス還元策」がなくなるんだよね? それなら景気が悪くなって家計が苦しくなるんじゃないのかな?

細野:そういう面はあるのかもしれないね。でも、この「キャッシュレス還元策」は使えるお店が限られていたから、どこまで影響が大きくなるのかわからない面もあるね。それにオリンピックもあるし。

コロ:そうか、7、8月は東京でオリンピックがあるから、海外の人たちがたくさん来て買い物をしてくれそうだね。

細野:そうだね。7、8月はホテルの稼働率が高かったりと、景気にはプラスになる面は大きいと思うよ。問題は、9月以降なのかもしれないね。そこで、国は、今のポイント還元策に変わる方法を「マイナンバーカード」(個人番号カード)に関連して導入する予定なんだ。

コロ:え、じゃあマイナンバーカードを持っていないと、新しいポイント還元策は受けられないの?

細野:そういうことになるね。ちなみに、このマイナンバーカードの普及率は、スタートしてから3年が経った2019年12月時点でも14.6%にとどまっているんだ。だから、今回の対策は、そのマイナンバーカードを広く使ってもらう面もあるんだよ。

コロ:まだまだ普及してないんだね。でも、マイナンバーカードを持っていると、例えば落としたりすると、いろんな個人情報が漏れたりすることになるんじゃないの?

細野:確かに、そういう心配をする人は多いみたいだね。すでに国民全員に1つの「マイナンバー」が付いているけど、実はその「マイナンバー」を導入する際には、システム開発などで2700億円ものコストをかけたんだよ。

 これは、「マイナンバー」は、多くの個人情報を扱うものだから、例えば落としたりして「マイナンバー」を他の人に知られても、情報が筒抜けにならないように、ひとつひとつの情報を厳重にブロックできるようにしたため、だったんだよ。

コロ:確かにカードを持っていようと、持ってなかろうと、「マイナンバー」は、すでに国民全員が持っているんだから、そこまで個人情報の流出とか心配しなくても大丈夫っぽいね。

細野:まさに、そういうことだね。マイナンバーカードには1つのICチップが入っているんだけど、税や年金や病歴などのプライバシー性が高い情報は記録されないんだ。

コロ:それなら、落としたりしても、そういう個人情報が流れることにはならないね。

細野:要は、何かの手続きをする際に「個人認証」で必要となる「運転免許証」の代わりのようなものと考えるといいのかもしれないね。運転免許証は、顔写真があるから、それ1枚で本人確認の道具として使えるよね。一方で、健康保険証だと顔写真がないから、パスポートなども一緒に用意しないといけないし、結構、個人認証は面倒だよね。

コロ:そうか。マイナンバーカードは顔写真があるから、それ1枚あれば、本人確認ができるのか。特に運転免許証を持っていない人には便利かもね。

細野:そうなんだよ。しかも、運転免許証とは違ってマイナンバーカードの場合は、作るのも無料だからね。

コロ:あと、確かマイナンバーカードは、保険証の代わりにもなるんでしょう?

細野:2021年3月から健康保険証として使えるようになって、2022年度中に全国のほぼすべての医療機関で対応できるようになる予定なんだよ。これは、病院がマイナンバーカードに入っているICチップを読み込んで、保険に入っているかを確認できる仕組みなんだ。

コロ:なるほどね。あと、マイナンバーカードを持っていると、家計にお得なことは具体的にどんなことなの?

細野:まずは、住民票や印鑑証明書など役所に行かないと発行できなかったものが、近くのコンビニで発行できるようになるんだ。これは、交通費もそうだけど、住んでいる場所によっては、コンビニの方が手数料も安く済むんだよ。例えば大阪市の場合は、基本、一律で100円引きになっていたりと、市のホームページでもコンビニで発行することを奨めていたりするんだ。

コロ:へ〜、わざわざ役所に行かなくても、いろんな証明書の発行が、近所のコンビニで済ませられて、手数料も安くなったりするのか。

細野:そうなんだよ。だって、役所にしてみたら、各自で発行してくれた方が仕事が減って人件費が少なくて済むよね。だから、手数料は、この先はどんどん下がるようになると思うけどね。

コロ:確かにそうだね。他に家計にお得なことはあるの?

細野:あとは、やっぱり「キャッシュレス還元策」の代わりとして登場する「マイナポイント」だね。これは、現時点の予定だと、2020年9月から2021年3月までの7か月間に、キャッシュレス決済をした金額のうち、最大2万円まで、25%に相当する5000円分のポイントをもらえる、というものなんだよ。

コロ:え、キャッシュレスで買い物をすると、25%分もポイントをもらえるの?

細野:まぁ、あくまでキャッシュレスで買い物をした2万円が対象になるだけなんだよ。しかも、キャッシュレスに慣れている人なら、2万円なんて1か月くらいで使ってしまう金額だよね。

コロ:あ、そうか。7か月の期間があっても、最大で2万円しか対象にならないのか…。

細野:そうなんだよ。これは、何かと便利な「マイナンバーカードを持っていると、5000円までもらえるキャンペーン」と考えると良いのかもしれないね。

コロ:なるほどね。確かにそう考えると、お得な気がしてきたよ。

◆ほその・まさひろ/日常よく目にする経済のニュースをわかりやすく解説した“細野経済シリーズ”が、経済本で日本初のミリオンセラーとなり、ビジネス書のベストセラーランキングで「123週ベスト10入り」を記録した。首相管轄の「社会保障国民会議」などの委員も務め、金融・経済教育の重要性を世に問い続けている。10年連続完売を記録中の『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2020』も発売中。

※女性セブン2020年1月2・9日号