2019年12月5日に労働組合の京都総評が発表した「月48万円問題」が話題を呼んでいる。

 傘下の組合員や家族にアンケートを取り、生活実態と所持品を調べて“普通の生活”の費用を算出した結果、夫婦と子供2人の家族が京都市内で暮らした場合、30代なら税・社会保障費込みで月48万6900円が必要だと判明したのだ。また、40代なら54万9800円、さらに50代では70万7500円が必要だという。

 この時、子供は私立幼稚園で小中高は公立、親が50代の時、長男が地元・京都市内の私立大学に進学するという想定だ。住まいは43〜50平米の賃貸マンションで、家賃は6万1000〜6万7000円というから、特に贅沢しているわけでもない。ごく一般的な家庭をモデルにしている。

 こんなにかかる生活の出費を抑えるにはどうすればいいのか。まずは簡単にできる節約術から、すぐにでも始めたい。

エアコンの設定温度を1℃下げる

 夏には「室温を28℃に」とさんざん言われてきたエアコン。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは、「実は冬の方が大きな節約になる」と話す。

「暖房の設定温度を21℃から20℃に下げるだけで1シーズン約1170円の節約に。夏の冷房を27℃から28℃にする場合は1シーズン約670円なので、夏に1℃上げるよりも約500円もお得です」(花輪さん)

 さらに、暖房をつける時間を1時間短縮すれば、約900円も節約できる。

使わない時は温水洗浄便座のふたを閉める

 温水洗浄便座は、使わない時ほど電気を“食う”。

「ふたを開けたままにしておくのは電気代の無駄。閉めておけば便座の温度が下がりにくくなり、その分消費電力が減る。省エネルギーセンターの試算によれば年間で34.90kWh、金額にして約770円の節約になります」(同前)

 さらに便座暖房の温度を「中→弱」に一段階下げると年間約580円、洗浄水の温度を一段階下げれば年間約300円の節約(*)になる。(*は省エネルギーセンター調べ、以下同)

「保温」をやめる

「電気ポットや炊飯器の保温機能などを長時間使用しているなら、それをやめるだけでかなり電気代を減らせます」

 と、節約アドバイザーの和田由貴さんはいう。例えば電気ポットの場合、長時間使用しない時にプラグを抜いておくだけで、電気代が年間約2360円も節約できるのだ(*)。

 どれも今日からすぐにできるものばかり。早速、実践してみてほしい。

※女性セブン2020年1月16・23日号