日本全国で愛されるカレー。なかでも独自の進化を遂げているのが石川県金沢市の「金沢カレー」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう説明する。

「金沢カレーは、黒くて濃厚なルーにキャベツの千切りが添えられているカレーです。トッピングとしてとんかつがのせられており、さらにそのとんかつにはソースが掛かっています。ステンレス製の皿に盛られ、フォークか先割れスプーンで食べるのが一般的です。元々は金沢市の『カレーのチャンピオン』で考案されたと言われています」

 その金沢カレーを全国でチェーン展開しているのが、「ゴーゴーカレー」だ。

「『ゴーゴーカレー』は、金沢カレーをいち早く全国で展開したチェーン。2008年に東京新宿に1号店を出してから、関東と中部地方を中心に、近畿、中国、九州にも出店、現在は70店舗以上が営業中。アメリカとブラジルにも出店しています」(小浦氏)

 ゴーゴーカレーの愛好者である男性会社員・Aさん(40代)は、その濃厚な味わいがクセになってしまうという。

「ルー自体がものすごく濃厚で、とろみが強く、ごはんと合わせると、絶妙な食感になるんですよね。なんとも言えない食べごたえがあって、大好きです。さらにマヨネーズをたっぷりかけたキャベツの千切りと合わせて食べても、新たな食感が生まれます。キャベツがお替り自由というのもうれしいです」

 Aさんがいつも注文するのは、定番の「ロースカツカレー」。サイズは中盛だという。ちなみに、ゴーゴーカレー新宿総本店での税込み価格は800円(以下すべて、新宿総本店での税込み価格)だ。

「カツカレーの方がボリューム感はあるのですが、カロリーを気にしていつもロースカツカレーを選んでいます。ゴーゴーカレーのロースカツは薄切りになっていて食べやすい。実際はカロリーも結構なものではあると思うのですが、食べやすい分“カロリー過多”になっているという感覚が薄れるんです(笑)」(Aさん)

メジャーカレーは単純計算で350円お得

 ボリューム感を楽しめるメニューとして、主要なトッピングがてんこ盛りになっている『メジャーカレー』も人気。ロースカツ、チキンカツ、エビフライ1本、ソーセージ(シャウエッセン)2本、ゆで玉子がのって、価格は1100円(中盛)だ。小浦氏が説明する。

「この『メジャーカレー』はボリューム感がすごいだけでなく、価格的にもお得です。トッピング無しの『ゴーゴーカレー』(中盛)が600円、トッピングの価格は『ロースカツ』が250円、『チキンカツ』が250円、『エビフライ』が100円、『シャウエッセン』が150円、『ゆで玉子』が100円で、そのすべてを単品で注文すると合計1450円になる。でも『メジャーカレー』はそれを1100円で提供しているということで、単純計算して350円もお得なんです。しかも中盛のご飯の量は300gとなかなかのボリュームです」

 女性会社員・Bさん(30代)は、そんな『メジャーカレー』をよく頼むが、友人と2人でシェアすることも多い。そこではこんな“裏技”を使っているという。

「1つのメジャーカレーを2人で食べるということではなく、メジャーカレーとトッピング無しのゴーゴーカレーの小盛(550円)を頼んで、トッピングをシェアするんです。いろんな具材を楽しめるし、料金的にも節約になるしで、お得な技だと思います。テイクアウトすることもあって、そういう時は大抵2回に分けて食べますね」

 トッピングてんこ盛りの金沢カレーを日本全国で楽しめるゴーゴーカレー。コスパの良さも人気の秘密だといえそうだ。