新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催延期が決定した。他にもありとあらゆるスポーツイベントが中止・延期となった。国内ではプロ野球、高校野球、Jリーグ、Bリーグ……、海外ではMLB、NBA、各国サッカーリーグも開催を断念している。こうした事態に直面したことで、「オレ達はいかにスポーツが好きでどれだけスポーツに時間を使っていたのか……」と愕然とするのは、スポーツ観戦が大好きなネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。コロナ騒動であらためて感じるスポーツ観戦の幸せについて、中川氏が考察する。

 * * *
 私は現在、ウェブでNBAに関する連載を持つなど、スポーツ観戦は子供の頃から好きです。プロ野球は本来3月20日に開幕し、1週間経って「このルーキーやばい!」やら「おいおい、山田哲人、もうホームラン3本かよ!」みたいなことをやっているはずだったのに、それがないのが本当に寂しくて仕方がありません。あとは五輪に出場する選手が「絶好調!」といった報道が出るのも楽しみにしていました。

 東京五輪の延期について世界中で安堵の声がでておりますが、「無観客」や「中止」でなかったことも、その理由のひとつでしょう。「中止」ともなれば、2016年のリオから8年後の開催ということで、現在の有力選手の活躍が見られなくなってしまいます。「延期」だからこそ、これまで頑張ってきた選手の活躍を見られるわけですし、「無観客」ではないからこそ、世界中の人々が東京のスタジアムを埋め尽くす様を見て「平和の祭典」にふさわしい光景を見ることができるわけです。

 毎朝、新聞を読む時、スポーツ欄を見るのは一種の「息抜き」的な面がありました。文化面と合わせてスポーツ面はあくまでも娯楽として楽しむことができたんですよね。それはテレビのニュースのスポーツコーナーも同じでした。

 今のスポーツニュースは「五輪の予選、延期になった競技はどうなる?」的なものや、「朝乃山の大関昇進、取材陣は現場に入れず」みたいなニュースだらけで、すべてがコロナと関連してしまっています。

 今となっては2019年の「芸人闇営業問題」「ヤクザとタピオカ」みたいな話題でキャッキャしていた時代が本当に「幸せだったなぁ……」という気持ちになってしまいます。コロナにより、すべてがぶっ壊れてしまった。

 それを顕著に感じているのがスポーツ関係者でしょう。もちろん、非正規雇用やフリーの人々の仕事が吹っ飛んだり、学校の一斉休校により子育てする保護者に多大なる負担がかかたりしていることも分かります。しかし、「大勢の人前に立つ」といった意味で、春はスポーツ選手が主役になります。

 スポーツの専門チャンネルもありますし、普段ならJリーグやプロ野球、格闘技イベントも中継されます。海外スポーツも軒並み中継されます。サッカーであろうが野球であろうがバスケであろうが、たいてい2時間は熱狂することができます。今、スポーツファンは1日あたり数時間の“空白時間”ができてしまい「あぁ、試合が観たいなぁ……。結果を知りたいなぁ……」といった気分に陥り、あらためて普段、スポーツにもらっているパワーを実感しているのではないでしょうか。

 お笑いタレント・ダンカンさんのように、プロ野球の試合前には15分の時間を使って試合展開を分析し、試合を楽しんだ後は総括に15分を使うような人もいます。こうした方にとっても今は痛恨の時期でしょう。

 コロナのせいでスポーツ観戦ができなくなった今、我々はどれだけの娯楽を失ってしまったのでしょうか……。もう、やけっぱちになりますが、ここで1973年生まれの私にとって最高のスポーツシーンTOP20を振り返ります。スポーツファンにとっては、今はもう過去を振り返るぐらいしか楽しみはありません。なお、私がもっとも好きなチームはNBAのシカゴ・ブルズで、次に好きなのは阪神タイガースです。

【中川淳一郎的・最高のスポーツシーンTOP20】
20:Jリーグ開幕戦、ヴェルディ川崎・マイヤーがJ初ゴール(1993年)
19:ロンドン五輪開会式でポール・マッカートニー『Hey Jude』を歌う(2012年)
18:なでしこJAPAN、サッカー女子W杯優勝(2011年)
17:ロナウド、リバウド、ロナウジーニョの“3R”がサッカーW杯日韓大会で大爆発(2002年)
16: 柔道・田村亮子&野村忠宏、アテネ五輪初日に最軽量級で金メダル連発(2000年)
15: 第1回WBC決勝、大塚晶文がキューバの選手を三振に取って優勝した瞬間(2006年)
14:史上最高のワールドシリーズ、ミネソタ・ツインズvsアトランタ・ブレーブス第7戦(1991年)
13:まったく期待されてなかったサッカーW杯南アフリカ大会、日本代表がグループリーグ初戦でカメルーンに勝利(2010年)
12:シカゴ・ブルズ、2回目の3ピート(1998年)
11:サッカーコンフェデレーションカップ、日本vs豪州戦、中田英寿が豪雨の中FKを決めた!→ガッツポーズ(2001年)
10:サッカーアジアカップ準々決勝、日本vsヨルダン戦での川口能活のPK連続セーブ(2004年)
9:PRIDE GPの桜庭和志vsホイス・グレーシー、90分の死闘で桜庭勝利(2000年)
8:古賀稔彦、バルセロナ五輪柔道71kg級金メダル(1992年)
7:バース・掛布・岡田、バックスクリーン3連発(1985年)
6:サッカーW杯日韓大会グループリーグ第2戦、日本vsロシア戦の1-0勝利(2002年)
5:阪神タイガース初の日本一(1985年)
4:マイケル・ジョーダンによる“The Shot”(1989年)
3:長野五輪スキージャンプ団体・日本代表金メダル(1998年)
2:シカゴ・ブルズ初優勝(1991年)
1:第2回WBC決勝、韓国戦でのイチローの決勝打(2009年)

 読者の皆様もそれぞれ「思い出に残るスポーツシーン」はあると思います。そうした話に花を咲かせながら、このスポーツ「空白期間」を乗り越えていきましょう。そして、各スポーツが再開された暁には、思う存分その幸せを噛み締めたいものです。