新型コロナ対策で吉村洋文・大阪府知事が「大阪・兵庫間の不要不急の往来を控えてほしい」と訴えたことを受けて、井戸敏三・兵庫県知事が「大阪はいつも大げさ」と名指しで批判するなど、両知事によるバトルが勃発。奇しくも両者にある深い溝が浮き彫りになった。

 関西以外の地域の人々は、大阪、兵庫などを一括りにして“関西”と認識するが、当の大阪人、兵庫人はこれが気に入らない。

 兵庫県宝塚市に生まれ、地元の報徳学園(西宮市)で夏の甲子園で優勝、ドラフト1位で大阪の近鉄バファローズに入団した金村義明氏が、大阪と兵庫の違いをこう語る。

「自分が生まれ育った西宮市や宝塚市、尼崎市などの阪神地区は兵庫でも大阪みたいなもんですわ。尼崎は市外局番も大阪市内と同じ06ですからね。ただ、近鉄に入団して大阪の藤井寺に13年住んだんですが、藤井寺球場の河内弁のヤジには圧倒された(笑い)。まあでも、大阪も住めば都で、言葉は汚いがエエ人が多いからね。神戸みたいに、言葉はキレイだが、腹の中は違うということはなかったね。

 兵庫といっても神戸だけは違って、自分たちはハイカラさんやという独特のプライドを持っている。関東でいう横浜みたいなところで、昔から世界と繋がっているという意識のある港町。南京町の中華街があって貿易で栄えて独特のファッションをもったオシャレな街という意識が強い」

 そこが大阪人からすると、“鼻につく”ということになる。小学生時代から大阪で生活している関西大学名誉教授の宮本勝浩氏は、こう話す。

「神戸の人は『大阪と一緒にせんといて』というけど、ホンネで生きている大阪から見れば、『エエ格好しいやな』『ハイカラぶってるな』と見えるんちゃいますか。大阪人は人を笑かさなあかんという使命に燃えているから、話にオチがないと“なんやそれ”ということになりますからね。だから神戸の人が上品ぶって見えるんです」

 実際に大阪の声を拾ってみると、神戸に対しては皮肉の一つでも言いたい人が多いようだ。

「神戸市民は六甲の水で育ったと思っているようやけど、神戸の水道水の8割は淀川から水を引いとることを知っとんのか?」(60代男性)

「神戸はすぐに大阪のマネしよる。関西空港をマネして神戸沖に神戸空港を作ったし、70年の大阪万博が成功したら、神戸は神戸ポートアイランド博覧会をやった。悔しかったらUSJを作ってみろ」(50代男性)

 一方の神戸も黙ってはいない。大阪に対しての不満は次から次へと出てくる。

「大阪人は阪神ファンを名乗り、阪神が優勝するたびに大阪・なんばの道頓堀川に飛び込むけど、阪神の本拠地の甲子園球場は西宮市にある。阪神のゲームを試合終了まで放送するサンテレビも、どんな有事が起きようが阪神タイガースが1面のデイリースポーツもみんな本社が神戸市にある。

 大阪には大阪ドームが本拠地のオリックスがある。オリックスが優勝したら道頓堀川に飛び込めばいい」(60代男性)

「おしゃれの街・神戸をダサい大阪と一括りにせんといてほしいわ。神戸では日本最大級のファッションショーの神戸コレクションが毎年開催される。宝塚市には宝塚歌劇団の宝塚大劇場もある。大阪には吉本興業のなんばグランド花月しかないでしょう」(30代女性)

「関西=大阪」というイメージで見られるのが我慢ならないという神戸人は多いようだ。神戸在住の40代女性もこう主張する。

「いわゆる“関西弁”をしゃべるのは大阪人だけ。神戸っ子は神戸弁を話します。大阪弁の“なにしとんねん”のように“ねん”が語尾に付かない。神戸は“なにしとん”のように語尾には可愛く“とん”がつく。大阪弁が関西弁と思われるのがいややわ」

「東京のテレビ局が関西のロケをするのは大阪・ミナミ周辺か日本一長い天神橋筋商店街と決まっている。兵庫県は“芦屋マダム”“神戸美人”などセレブのロケ地と決まっています」(50代女性)

 他の地域の人からはわかりにくいニュアンスを強調する人が多いようだ。

※週刊ポスト2020年4月10日号