ゼロから5年で1000万円貯めた共働き主婦で、カリスマインスタグラマーのゆきこさん(31才)。その“超ズボラ”な節約術が人気だ。その内容は、自粛生活中でも無理なくできそうなものばかり。支出の目安は固定費3:変動費3:貯蓄4を目安に“ざっくり”管理、めんどくさい家計簿はレシートをためて週イチでまとめて記入、月末に夫婦でマネー会議など、ゆるめのルールや家族を巻き込んで、簡単かつ楽しみながら節約生活を送っている。

 ゆきこさんの節約生活は、電気を消してお風呂やトイレに入ったり、少しでも安値を求めてスーパーをはしごしたりするような「ケチケチ」したものではない。家の中にも決して安くない最新家電がそろっているが、それは家事を時短するための「初期投資」。自分の苦手な家事や“めんどうくさい”と思う家事こそ、ハイテク家電に頼るべきだという。

「床拭きロボットの『ブラーバ』は3万円近くしましたが、寝る前にセットしておけば寝ている間に床の水拭きが終了。ハンディータイプのスチームアイロンも時短アイテムです。手抜きと思われるかもしれませんが、こうして浮いた時間をおかずのつくりおきや、お金の勉強をする時間に充てたり、夫婦でお金について話し合うために使っているんです。

 家族の時間が増えることで、節約生活につきものの“なんでこんなにガマンしないといけないの?”といったストレスがなくなり、心にゆとりを持って無理なく節約を続けられる。決してムダではないと思います」

 導入する家電は、必ずしも最新である必要はない。型落ちや中古で充分だ。節約すればすぐに取り戻せるし、むしろ“まずこの3万円を取り戻そう!”と、モチベーションを高めることにもつながる。

セール・通販を避け不要不急の買い物をしない

 ゆきこさん夫婦の買い物のコツは、「すぐ買う」「すぐ捨てる」「すぐ使う」の3つだ。食品は週に1回、日用品は月に1回、いつも同じ割合でまとめ買い。何か足りなくなったら、それだけをすぐに買い足すのだという。

「主食となる肉と魚はいつも4対3の割合です。使い回しができて安い豚ひき肉、鶏もも肉、鶏胸肉のルーティン。魚は日持ちする干もの、鮭やたらなど。それに葉物野菜やねぎ、卵、牛乳、豆腐など、いつもほぼ同じものを購入しています。プラス、その時期に旬になっている安いものを。それで基本的には1週間分をつくりおきすることで、かつて夫婦2人で月7万円台だった食費を、4人家族で2万円台にまで節約できています」

 服や靴は、1つ買ったら1つ捨てる“一買一捨”がルールだという。

「新しい服や靴が欲しければ必ず古いものを1つ捨てる。セールやネットショップは、“安いからこれでいいや”とか、“あと〇〇円分買ったら送料無料”とか、結果、よく考えたらそこまで欲しくないものを買うハメになる」

 ガマンして何も買わないのではなく、本当に必要なものだけを買い、買ったら古いものをすぐ捨てる。ストレスと同じく、モノも“ため込まない”ことが大切だ。

「ドラッグストアなどのポイントも、使える額が貯まったらすぐに使います。ポイントの有効期限はだいたい年末なので、うっかり年を越して失効したら損になる」

 ゆきこさんがこれほど“ノーストレスな節約”にこだわるのは、結婚当初は、あればあるだけお金を使ってしまう超浪費家夫婦だったから。

「当時は“せっかく働いているんだから代”という謎の名目(?)で、夫婦で年150万円以上使って国内外を頻繁に旅行していました。化粧品に年10万円以上使っていたし、服もクローゼットからあふれるほど。疲れたからといってコンビニ弁当ばかり買うズボラな夫婦でした。根がめんどうくさがりなので、節約を続けるために、できるだけストレスのない方法を探してきたんです」

 無理をしない節約生活を続けてきたおかげで、貯蓄はみるみる増え続け、昨年末の時点で早くも1300万円。さらにそこから3か月で30万円が上乗せされた。

 これまでの節約の“常識”とは全く逆の“ムダとストレスをなくすためにお金を使う”というのが、ゆきこさん流。まずは財布にたまったレシートを出すところから、始めてみてはいかがだろうか。

※女性セブン2020年4月30日号