新型コロナウイルスの感染拡大によって、「ある日突然死ぬリスク」「ある日突然入院して働けなくなるリスク」は、誰にでも起こりうることだとわかった。「もしも」のときを考えると、気がかりなのは残される家族の生活。

 実際、このコロナ騒動が始まって以来、オンラインによる生命保険の申込件数が急増している。日本最大級の保険選びサイト「保険市場」では、3月の申込件数は前年同期比で82%増の1426件になったという。

 世間の急激な関心の高まりを受けてか、生保各社はこぞって緊急事態対応を進め、ほぼすべての大手保険会社が最長6か月間の保険料支払いの猶予を発表。契約者貸付(契約する保険の解約返戻金の7〜9割を借りられる制度)の返済金利もゼロにすると発表した。

 生命保険会社勤務の経験を持つファイナンシャルプランナーの横川由理さんはこう指摘する。

「多くの保険会社の取り組みは、契約者の負担軽減策に見えますが、必ずしも“いまがお得”“入り時”というわけではありません。そもそも、支払猶予が必要なのであれば、それは明らかに“保険の入りすぎ”です」

 たとえ保険料の支払いを半年先延ばしできても、最終的に払わなくてはいけないことに変わりはない。保険料の猶予に安心するよりむしろ、この機会に入っている保険そのものを見直した方がいい。

一生分の保険料は人生で“2番目に高い買い物”

 ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんが話す。

「そもそも生命保険とは、世帯主が亡くなったり、病気やけがで働けなくなったりして収入が途絶えるなどの“もしものときの備え”です。そのための保険料は、長く払い続ければ、生涯合計で1000万円はゆうに超えることがあります。

 保険は“マイホームに次いで人生で2番目に高い買い物”であるにもかかわらず、生保の営業マンに言われるがままなんとなく加入し、いま自分がどんな保険に入っているかもよくわかっていない人がほとんどではないでしょうか。もしかしたら、“ムダな保険”にお金を払い続けているかもしれません」

 外出の機会が減り、家族と家で過ごす時間が増えているいまこそ、保険をじっくり見直すチャンスと言えるだろう。

※女性セブン2020年5月21・28日号