7月1日から小売店でレジ袋が有料化される。例えば、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社では1枚当たり3円、スーパーでは5円というところも多い。消費者はエコバッグを持ち歩くか、レジ袋を購入するかの選択に迫られるが、早々に「エコバッグは持たない」と決めている人たちもいる。

 30代の男性会社員・Aさんは、エコバッグを持ち歩くことに消極的だ。レジ袋が「廃止」されない限りは、お金を払って買い続けるつもりだと話す。

「会社帰りの買い物や、近所のコンビニにふらりとでかけるときにまで、わざわざエコバッグを持って行くことが面倒。なるべく荷物を持ちたくない自分にとって、エコバッグを持ち歩くのを習慣化することは難しい気がします」(Aさん)

 Aさんは、家庭内のゴミを捨てるときにもレジ袋を利用している。そのため、「5円くらいまでなら都度払ってもいい」という。

「いつも家のゴミを捨てるとき、レジ袋に入れてから指定のゴミ袋にまとめています。小さなレジ袋は、生ごみを捨てる用としても重宝。レジ袋が有料になったところで、ゴミ用の袋が必要なことに変わりはなく、むしろわざわざ別に買うほうが面倒です」(Aさん)

 20代の男性会社員・Bさんは、コスパの悪さを指摘する。

「500円のエコバッグが、どれくらいもつのか。1か月毎日買い物に行ったとして、5円のレジ袋を30枚買ったら150円。500円のもので4か月くらい使わないと“元がとれない”計算になりますよね。

 最近、エコバッグをもらったのですが、そのエコバッグが立派な袋に入っていました。こういう袋から削減すればいいのに……、なんて思っちゃいましたよ。環境配慮といいますが、コロナの影響で、パンなんかが個包装になったり、マイタンブラーがNGになったりしているのはどうなのか。いろいろ矛盾を感じます。」(Cさん)

 また20代の女性会社員・Cさんは、エコバッグで最も気になったのは衛生面だと明かす。エコバッグを使ったときの、自身の経験からだ。

「持ち歩きしやすいようなエコバッグは、たいていくるくる丸めて小さくなるようにデザインされている。丸められるということは柔らかい素材であることが多く、底もしっかりしていない。そんなエコバッグに、お肉やお魚、弁当のパックなんかを入れると、傾いて時々汁が漏れたりして、どんどん汚くなる。レジ袋だと、ちょうどそのサイズのものがあって、持ちやすかったんですけどね……。ペットボトルなんかの冷たい飲料は、水滴も沁みて気持ち悪いです。衛生面で非常に不安なので、私はエコバッグはやめました」(Cさん)

 レジ袋有料化で迫られる選択。エコバッグを持ち歩く習慣が定着するのか、「レジ袋を買う」のが当たり前になるのか、どちらだろうか。