新型コロナウイルスの影響で家計にダメージを受けた人は少なくない。あらためて貯蓄の大切さを再認識するようになった人もいるだろう。お金が貯められない人の多くは「自分のお金の流れを理解できていない」ケースが多い。そのため、お金を貯めるには「資産の把握」が欠かせない。

 たとえば銀行口座を3つに分けるという資産管理術がある。口座を「入金口座」、「貯蓄口座」「緊急予備資金口座」に分けて、貯蓄口座と緊急予備資金口座に設定額を振り分けた後、入金口座に残ったお金を生活費としてやりくりする、というやりかただ。これなら家計簿のようなお金の管理が口座を分けるだけで実現できるようになる。

 もっとも「口座は複数持っているけど、お金は全然貯まらない」と思う人もいるかもしれない。実は、3つ以上の口座を持っている人は全体の7割以上と意外にも多い(インターネットリサーチ会社「マイボイスコム」の調査)。しかし、複数の口座を持つ人の中で、資産管理のために目的別で口座を使い分けている人は3割しかいない。

「以前住んでいた家からATMや店舗が近かったから」「学生時代のアルバイト先でバイト代の振込先の銀行を指定された」といった理由で口座を作ったものの、そのままにしている人も多いのではないだろうか。もし、すでに口座を複数持っているなら、それを利用して貯蓄を始めるのも有効な手段だ。ファイナンシャルプランナーの横川由理さんはこう語る。

「私が相談を受けた人の中にも、お金が貯められなくて悩んでいたのに、口座を分けただけで貯蓄ができるようになったと、うれしい報告をいただいたこともあります」(横川さん、以下同)

 いいことずくめで、まさに「魔法の貯蓄術」といえる口座を分けるだけ貯蓄術だが、注意したい点もある。まずは、毎月複数の口座に入金する手間が発生することだ。

「基本的に、1つの銀行に開設できるのは1つの口座のみ。いくつかの口座を持つには複数の銀行で口座を開設し、その管理をする必要があります。私も以前から口座の使い分けをやっていましたが、かつては給料日にお金をおろして2つの銀行をはしごして入金していました。給料日はどの銀行も混んでいるし、雨の日は本当に大変でしたね(笑い)」

 振り込みをすれば銀行をはしごせずに済むが、振込手数料がかかる。毎回数百円の手数料でも複数の口座で長期間続ければその額は増えるばかり。貯蓄が目的の振り込みなのに、決して少なくない金額が手数料に消えてしまうのは、本末転倒にも思えるだろう。

 そんな悩みを解消するのが、店舗を持たずにインターネットで取引を行うネット銀行だ。

「インターネットを利用して家から振り込みができるので便利。月に決まった回数まで振込手数料が無料というサービスもあり、複数の口座に振り込みをしても手数料が膨らむ心配が少なくなります。

 いまは空前の低金利時代ですが、ネット銀行の方が都市銀行や地方銀行よりも金利が高いことが多い。ネット銀行を使っていない人は、この機会に1つ口座を持っておくことをおすすめします」

ゲーム感覚で貯蓄が楽しめる

 複数の口座を持つことに適したサービスを展開しているネット銀行もある。たとえば、「住信SBIネット銀行」では、口座開設と同時に作成される代表口座のほかに、目的別に口座を5つまで作ることができる。目的別口座にはそれぞれ「海外旅行費」や「車の購入費」など自分で口座名をつけることができるうえ、目標金額や期日を設定して達成率を確認することもできる。達成率が数字で表示されることによって、ゲームのような感覚で貯蓄が楽しめそうだ。

「ネット銀行を使って、家から無料で振り込みができるとしても、毎月複数の口座に決まった額をいちいち手動で入金するのは大変ですよね。その場合は、定額自動振込サービスを活用しましょう。一度登録すれば、毎月自動的に振り込まれるので手間がかからず、“今月は忙しくて振り込みを忘れちゃった”という事態を防ぐこともできます」

 もし、勤務先に「財形貯蓄制度」がある場合は、迷わず利用した方がよいという。財形貯蓄制度は、毎月の給与から一定額が天引きされて金融機関に送金され、会社を通して貯蓄が行われる制度だ。

「給与から自動的に天引きされるので、手間がかからず預け忘れもありません。また、利子が非課税になったり、勤務先が金利の上乗せをしてくれるなどお得なケースもあります」

 財形貯蓄は一般に、目的別で3種類ある。緊急予備資金として貯めるなら使用目的を限定しない「一般財形貯蓄」を選ぶといい。老後資金を貯めるなら「財形年金貯蓄」、マイホームの購入やリフォームを検討しているなら「財形住宅貯蓄」を活用しよう。「財形年金〜」と「財形住宅〜」は、合わせて貯蓄残高550万円までは利子が非課税となるお得つきだ。

 最後に1つ、注意点がある。「貯蓄の目標を設定する際、ボーナスをあてにするのは禁物です。“普段のお給料だけだと厳しいけれど、ボーナスがあるから大丈夫”と、無理な目標設定をするのはやめましょう。コロナ禍のような不測の事態でボーナスの金額が減ったら、せっかく立てた貯蓄予定が狂ってしまいます。毎月の貯蓄額は、あくまで月収の範囲内で無理なく回せるように設定することが大切です」

 先行き不透明な世の中で頼れるものはやっぱりお金だ。“面倒なことは苦手”という人こそ、この貯蓄術を試してみてはどうだろうか。

※女性セブン2020年7月23日号