コロナ禍で多くの人が収入を減らす中、“干天の慈雨”となったのが、1人あたり10万円の特別定額給付金。当初は収入減少世帯に限って1世帯あたり30万円という案だったものの、その後1人10万円へと変更されたが、世帯主が受け取るスタイルになったことには批判の声もあるようだ。子供の分の10万円はどうなっているのか? 子供を持つ親たちに聞いてみた。

 非常にクリーンなのは、Tさん(40代男性/ライター)だ。

「給付金の10万円は、4歳になる娘の名義の口座に入れました。私自身、中学に入った時に親から通帳を渡されたのですが、口座にはそれまでもらったお年玉や、親が入れてくれたお金が溜まって『これからは自分で管理しなさい』と言われ、大人になった気分を味わったものです。娘にも同じことをしてあげたくて、その足しにしました」(Tさん)

 Yさん(40代男性/教師)も同様だ。

「我が家には子供が3人いますが、1人10万円ずつきっちり渡しました。私が受け取っただけで、私のお金ではないので」(Yさん)

 渋々全額というパターンもある。

「中学生の息子から『オレの分、早くちょうだい!』と言われ、無駄遣いしないことを条件に、10万円を渡しました」(50代男性/公務員)
「娘がパソコンが必要だというので、結果的に10万円以上の出費に」(40代男性/出版)
「娘がスマホを買い替えて、娘の分は全額そちらに」(40代男性/旅行)

 とはいえ、10万円を丸々渡すのは恐らく少数派。総務省のHPにも、特別定額給付金について「迅速かつ的確に家計への支援を行う」と記されており、子供に直接的にお金が渡らないケースも多いだろう。

「車の車検、税金の支払い、国民健康保険を払う時期だったので、家族全員の給付金は全額そちらに」(40代女性/通信)
「税金を払ってあっという間になくなった」(40代女性/主婦)
「保育料を払います」(30代女性/事務)
「子供が小さくて、給付金のことなど分からないので、家計に回す」(40代男性/編集)

“子供も使うから”と、上手に言いくるめたタイプもいる。

「ちょうど冷蔵庫が壊れたので、そちらに」(30代女性/流通)
「洗面台がボロかったので、給付金で直します」(40代女性/主婦)

 ただ、子供の分を全て使ってしまうのは忍びないようで、なにがしかの形で子供の為に使うという着地点を見つけた人もいるようだ。

「子供の教育費を貯める口座に入れた」(40代女性/流通)
「何に使うか決めていないが、子供の分の10万円は子供の為に使います」(30代女性/食品)
「来年、子供が小学校に入るので、ランドセルなどを買う」(40代男性/自営業)
「娘の部屋にエアコンが無いので、エアコンを付けた」(40代男性/フリーランス)

「少しだけあげる」「子供の願いを叶える」という人も多い。

「欲しいと言っていた『どうぶつの森』を買ってあげた」(40代女性/主婦)
「5万円は子供に渡して、残りは家計へ」(40代男性/電機)
「家族でディズニーランドに行きます」(30代男性/建築)
「息子にグローブを買う」(40代男性/通信)

 最後にちょっといい話も。

「大学生の長男には10万円を渡し、高校生の長女と中学生の次女には2万円だけ渡しました。中学生と高校生に10万円は多すぎると思ったのです。そうしたら長男は、妹2人にプレゼントを買ってあげたようです」(50代女性/介護)