「コロナ不安」で保険に加入する人が増えている。国内最大級の保険選びサイト「保険市場」では、新型コロナ感染拡大が始まった直後から生命保険の申込件数が急増。今年3月は前年同期比180%以上だったという。

 ニーズの高まりの一方で、コロナ不況もあって財布のひもはきつくなっている。たしかに月々の保険料支払いの家計への負担は決して軽くない。そんな事情もあって、最近は従来の生保商品よりも、よりリーズナブルで、工夫を凝らした商品が登場している。

 たとえば、ベンチャーの保険会社「ジャストインケース」が今年1月に発売した「わりかん保険」は、誰かが亡くなったり、入院したりすると、その人の分の保険金を加入者全員で割り勘にする仕組み。従来の保険が「前払い」なのに対し、保険料を「後払い」にすることで、自分が支払う保険料がどう使われているかを“見える化”した。仮にその月に保険金の支払い対象者がいなければ、保険料はゼロだ。

「保険料がどれぐらいの割合で保険金や運営に使われているのか不透明な商品が多く、消費者の不信感が高まっていました。それが明確になったという点で画期的な商品です」(経済ジャーナリスト)

 いまや保険は「何かあったとき」に備えるものではない。最近は加入することで健康意識が高まる新しいタイプの「健康増進型保険」も登場した。ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんが解説する。

「健康診断結果や運動記録など、加入者が健康に気を配る取り組みが保険料に反映される仕組みです。最近のトレンドである保険形態の1つとして注目され、健康意識の高い人ほど保険料が安くなっていくでしょう」

1日1万6000歩で年1万円節約

 スマートフォンのアプリで毎月の歩数を測り、歩けば歩くほど翌月の保険料が安くなる。割引額は最大で半額――そんなユニークな医療保険が9月1日、国内で発売された。その名も「歩くとおトク保険」。

「がんばって歩いた分だけ、実際に“ご褒美”になる保険です。健康意識が高い30代後半から60代のかたにオススメです」と語るのは、発売元のジャストインケース代表の畑加寿也さんだ。

 画期的なのは、毎月の平均歩数とBMIにより月々の保険料の割引率が変動すること。BMIは「体重(kg)÷身長(m)の2乗」で算出され、「22」が適正体重とされる。日本肥満学会では「18.5〜24.9」が「ふつう」で、それより指数が小さければ「やせ」、大きければ「肥満」と判定している。

 歩数の測り方は簡単。まずスマホにジャストインケースのアプリをダウンロードし、身長と体重を入力。アップルの「ヘルスキット」やグーグルの「グーグルヘルス」と連携させて、スマホが測定した歩数の記録をアプリに取り込めばいいだけだ。

「スマホを持って歩くだけで、月間の歩数に応じて翌月の保険料が割り引かれます。歩くことが健康につながるとは思っていても、1年など長いスパンではモチベーションが続きにくい。1か月単位で保険料に反映される方が、健康増進に効果的だと考えました」(畑さん)

 たとえばA子さん(46才女性・160cm・60kg)の場合、月々の基本的な保険料は2190円。それが、1か月の平均歩数が1日5000歩だと1778円、1万歩なら1680円に減額される。設定の最大歩数の1万6000歩だと1395円で、なんと36.3%も割引される計算だ。続ければ1年で1万円ほど保険料が安くなる。

 保障内容は幅広く、がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾病による1泊以上の入院・手術で60万円、糖尿病など5大疾病による1泊以上の入院・手術なら30万円、そのほかの病気やケガによる1泊以上の入院で10万円の一時金が支払われる。

「基本的な保険料に対する保障内容は他社と遜色ない上に、『歩数』による割引率を考えれば、かなりお得な保険だと思います」(畑さん)

 ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんはこう評価する。

「わざわざ不健康になって保険金を受け取ろうという人はいません。保険会社も加入者に健康になってほしいと思っている。それらを絶妙に融合させた『歩くとおトク保険』は、日常の“歩く”という行為がすぐに割引につながるため、自然と健康に意識が向きます。万が一のリスクに備えながら健康を害するリスクを減らす一石二鳥の保険だといえます」

「健康年齢』が実年齢よりも若いと割引

 健康増進型保険はほかにもある。東京海上日動あんしん生命保険の「あるく保険」には、1日平均8000歩を歩くと契約から2年後にキャッシュバックされる特約がある。金額は年齢などによって変わるが、おおむね保険料の1〜2か月分だという。保険会社から貸与された歩数計を持って歩くだけだから簡単だ。

 住友生命の「Vitality」は、医療保険などの特約として利用できるプログラムだ。保険料とは別に月880円の費用で、加入と同時に保険料が15%引きになる。健康診断の結果をアップロードしたり、スマホなどで健康状態を確認したりするたびにポイントが付与され、ポイントの獲得状況に応じて、2年目以降の保険料が変動。健康状態がよければ最大30%も割引になる。

 BMI、血圧、尿、血液といった健康診断の結果と、性別、実年齢をもとに算出される「健康年齢」に着目したのが、アフラック生命の「健康応援医療保険」。健康年齢が若ければ病気になるリスクも低いと評価されるため、健康年齢が実年齢より1才でも若ければキャッシュバックが受け取れる。

 ネオファースト生命の「ネオde健康エール」は、健康年齢で保険料が決まる。3年ごとの更新に合わせて健康診断の結果を提出し、健康年齢が実年齢より若ければ保険料が安くなる仕組みは同じだ。

「保険会社は、加入者が健康に意識を向けて健康になってくれれば保険金の支払いが減ってよし。加入者は健康になるので疾患リスクが下がり、保険料も下がるのでよし。国としても国民が健康になってくれれば、社会保障に対する国の負担が軽減されてよし。健康増進型保険は“三方よし”の保険なんです」(長尾さん)

「割引」をモチベーションにして健康になれるなら、これほどお得なことはないかもしれない。

※女性セブン2020年10月1日号