新型コロナウイルスの経済への影響は広範な範囲に及ぶが、特に大きなダメージを受けた飲食業や小売業、観光業などは、職場の女性の比率が高い業種でもある。つまり、コロナ禍における不況は女性の雇用を直撃しているのだ。

 仕事を失い、貯金が底を突けば借金をせざるを得なくなり、借金が積もって返せなくなれば自己破産が待っている。司法書士法人杉山事務所の杉山一穂代表が指摘する。

「コロナ禍によって、自己破産予備軍の女性は確実に増えています」

 男性よりも女性が増えている理由を、杉山さんはお金の使い道の違いだと説明する。

「男性が借金をする多くは、外に出て浪費するケース。飲み会やギャンブルを自分のお金でまかなえなくなったときですが、コロナで飲み会も減り、ギャンブルができない自粛期間もあった。しかし女性の場合は、ネットショッピングやエステで組んだローンを返せなくなるケースが目立ちます」

 こうした女性の出費は、コロナ禍によって加速した。

「家にいる時間が長くなり、一日中テレビを見るようになったのですが、通販番組を見ているとつい買ってしまうんですよ。『コロナが終わったらこれを使おう』と、あれこれ買ってしまいました。一つひとつは1万円くらいなんだけど、気づいたら月に10万円以上の買い物をしていたんです」(48才、主婦)

「しばらく出社する予定がなかったので、レーザーでのシミ取りと二重まぶたのプチ整形手術を受けました。クーポンを使えば数万円のはずでしたが、事前診断の結果、施術内容が増えて35万円ほどかかりました。術後は痛みで家事をする気にもなれず、食事はウーバーイーツで済ませて食費もかさみましたね」(50才、百貨店勤務)

 こうした結果、能力を超えた支払いが発生し、それをカバーしようとする女性のキャッシング利用者が増えているという。

「給料が減っているのに、“おうち時間”で支出が増えてしまったため、組んでいたエステのローンを返せなくなってしまったという相談も増えています。自己破産に追い込まれる前に任意整理をおすすめしても、施術中にそれを選択してしまうとエステに通い続けられなくなるので、整理に踏み切れないかたが多いです」(前出・杉山さん)

 司法書士や弁護士に相談をしたうえで任意整理をすると、利息分をカットして返済できるものの、クレジットカードを持てなくなることを恐れる女性も多いという。

「ネットショッピングにはクレジットカードが必要ですから、そんな不便な思いをするくらいなら、もう少し支払いを頑張ると、相談だけで帰る女性も多いですね」(前出・杉山さん)

 しかし、頑張るといっても収入は増えず、新たにキャッシングをするしかないことが大半だ。それが負の連鎖を招き、自己破産への道を突き進むことになってしまう。

「任意整理という風邪薬をのめば治るのに、放置することで大病になってしまうのです」(前出・杉山さん)

※女性セブン2020年10月15日号