和スイーツの定番「ぜんざい」。コンビニ各社も様々なタイプのぜんざいを発売している。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「コンビニのぜんざいは、白玉、あんこ、クリームという要素が入っているものが、基本パターンとなっています。純然たる和菓子というイメージではなく、ホイップクリームなど洋風なテイストがどこかに入っているのが特徴です」

 そこで、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで販売されている「ぜんざい」をマネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが実食・比較した。

(紹介する商品は、2020年10月10日時点で販売されているものです。地域や店舗によって販売されていないことや、価格が異なることがあります)

オーソドックスな味わいのセブン-イレブン

 セブン-イレブンで販売されているのは『もっちり白玉&わらび餅のぜんざい』(280円、税込み以下同)。あんこの上に、白玉、ホイップクリームに、わらび餅がのった商品だ。

「容器の下層にあんこが敷いてあり、その上に、弾力のある白玉が4個、きなこがまぶしてある小さいわらび餅が3個、そしてホイップクリームが盛られています、それぞれが独立している感じで、スプーンであんこと絡めながら食べる感じです。

 あんこは甘すぎず、量が適度でとても食べやすい。ホイップクリームの量も決して多すぎず、どちらかといえば控えめです。全体的に素朴な印象があって、だからこそ安心して味わえるぜんざいだと思います。白玉とわらび餅の本来のおいしさを存分に堪能できる、シンプルでオーソドックスなぜんざいです」(記者A)

ファミリーマートはボリュームたっぷり

 ファミリーマートでは、『大きな白玉クリームぜんざい』(290円)が販売中だ。北海道産小豆を使ったつぶあんに、白玉とホイップクリームを合わせたぜんざいだ。

「白玉が5個入っているんですが、1個が結構大きくて、全体的にボリュームたっぷり。ホイップクリームの量も結構多めです。

 下層にあんこが敷かれ、そこに2個の白玉が埋もれていて、その上にホイップクリームと3個の白玉がのっているという構造です。最初の白玉はクリームのみで食べて、徐々にあんこと混ぜながら次なる白玉を食べていくという感覚。少しずつ全体が混じっていき、味が変化していく感じです。

 全体的な印象は、とにかくボリューミーで、インパクトがあります。甘さもしっかりしているし、白玉も大きくて食べごたえが充分。量も多くて、満足感はすごい。ボリューム感を求めるなら、最高だと思います」(記者A)

完成度が高いナチュラルローソンのぜんざい

 ローソンでは、数種類のぜんざいが販売されている。小浦氏が解説する。

「現在ローソンで販売されているのは『栗クリームぜんざい』(295円)と『徳島産業 もちカフェ クリームぜんざい』(228円)です。前者はシンプルなクリームぜんざいに栗がトッピングしてある商品で、後者は水ようかんのようなあんことミルクプリンを合わせた変わり種。また、ナチュラルローソンでは『新杵 白玉クリームぜんざい』(323円)が販売されています。このなかではやはり『徳島産業 もちカフェ クリームぜんざい』が特徴的です」

 そこで今回、記者Aは『徳島産業 もちカフェ クリームぜんざい』と『新杵 白玉クリームぜんざい』を実食した。まずは『徳島産業 もちカフェ クリームぜんざい』から。

「これは通常のぜんざいというよりも、ゼリー風ぜんざいといった感じ。下層に水ようかんのような感じでゼリー状になっているあんこがあり、その上にミルクプリンがのっています。ミルクプリンは、杏仁豆腐やババロアのような感じです。白玉もゼリーのような弾力がある食感になっていて、全体的な統一感があります。多重構造になっているゼリーを食べているような感覚で、通常のぜんざいとは全く異なる魅力を持っていると思います」(記者A)

 続いて、ナチュラルローソンの『新杵 白玉クリームぜんざい』を実食した。

「小さめの白玉が5個入っているクリームぜんざいです。トップにクリームが盛られていて、その下にはあんことクリームが層状で交互に重なっているのが、ほかのコンビニのぜんざいとの大きな違いです。

 ボリュームはそこまで多くはなく、甘さも控えめ。少々物足りなさを感じる部分もありますが、全体的なバランスはとてもいいと思います。とにかく食べやすくて、完成度が高いぜんざいです」(記者A)

 コンビニ各社の「ぜんざい」について、小浦氏が分析する。

「シンプルでオーソドックスなセブン-イレブン、ボリューム感が魅力のファミリーマート、個性と完成度のローソン・ナチュラルローソンといったイメージ。セブン-イレブンはスイーツに限らず、比較的オーソドックスな商品が多く、その傾向を踏襲していると言えるでしょう。また、ファミリーマートについても、ボリューム感がある商品が多く、ローソンも個性的な商品が多い。そういう意味では、これらのぜんざいが、コンビニ各社の傾向を見事に表していると言えるかもしれないですね」

 ぜんざいを通して、コンビニ各社のカラーを感じてみては?