結婚しない人が増えている。50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合を示す「50歳時未婚率」の推移を見ると、1990年頃から割合が高くなり始め、2020年には男性で26.7%、女性で17.5%、2030年には男性で28%、女性で18.5%になる見通しだという。独身者は金銭的、時間的な自由がききやすいと考えられがちなため、世間からは「独身貴族」と呼ばれてきた。

 だが、本当に “貴族”の名にふさわしく、優雅に独身の「メリット」を享受できているのか。独身者たちの日々の暮らしからその価値観や生態を探った。

 30代の男性契約社員・Aさんは、開口一番「結婚は自由にお金が使えないからイヤ」とバッサリ。年収は300万円ほどだというが、「実家暮らしなので十分」と、自分の待遇には満足している。そんなAさんの趣味は、主にYouTubeの視聴だ。

「ゲームへの課金に入れ込んでいた時期もありましたが、今はVTuberの視聴と声優ウォッチング。VTuberに投げ銭は『無駄』みたいな風潮ありますけど、心から応援したいと思うと自然に月3万円はお布施できます。ゲームのガチャみたいに外れてイラつくことなく心穏やかにお金が使えるし、最近は声優もYouTubeを始める人がいて楽しい。事務所単位でしているところもあって、そこのアニメやゲーム、ライブなどを追っています」(Aさん)

 Aさんのように、気兼ねなく自分の趣味にお金と時間を投じていれば、まだ「独身貴族」と呼べなくもないかもしれないが、そもそも結婚自体を諦めている人も少なくない。

「よく、結婚相手に求める年収は500万円以上といわれるけど、僕は微妙に届かない」と話すのは30代の男性会社員・Bさんだ。スペックは年収350万円前後、身長は169cm、学歴は有名私大卒業。交際経験は人並みにあり、どこか人懐っこさもあるが、Bさんは「完全に負け組」と自虐的だ。

「年収がそれほど高くないので、都内で一人暮らしをしている限り、既婚者に比べて金銭的な余裕があるとは言えません。それに、独身だと、既婚者より残業などを押し付けられがち。家族や子供がいる人は、なにかと気を遣ってもらえても、独り者は“後回し”。でも、頑張って稼いで家族を養うくらいなら、このまま、そこそこ自分が楽しい生活でもいいかなと思い始めています」(Bさん)

 40代の男性会社員・Cさんは国立大卒、身長175cm前後のやせ型で、40代には見えないほど若々しい。年収は平均ほどだという。

 そんなCさんは「色々な女性と遊べなくなるから結婚は無理」と持論を述べ、「確かに自由はある」というが、既婚者と飲み会に行くと、最近「あれっ」と思うことがあるという。

「複数人と飲みに行った場合、既婚者よりも余分にお金を払う場面が多くなりました。『子供はお金がかかる』とか、『お小遣い制になって……』と、言外にプレッシャーをかけられます。正直『知らんがな』と言いたいとこですが、これが“独身税”なんでしょうか」(Cさん)

 女性の場合はどうだろうか。30代の女性派遣社員・Dさんは、独身でも「自由もお金もない」と明かす。姉が病気になり、さらに親の介護も重なり苦しい状況に陥っている。

「私は3人きょうだいで、兄と姉がいます。兄は結婚して地方に在住。姉も結婚していますが、昨年ガンがみつかり、闘病中です。しかも私は年の離れた末っ子で、父が80歳手前になり、介護が必要になりました。

 そうなると、家族の中でいちばん『ヒマ』で自由がきき、体力がありそうなのが私。姉の看病も父の介護も両方する羽目になっています。姉も妹のほうが頼りやすいようですし、母にとっても、一緒に父の介護をするなら娘のほうがありがたい、と考えているようです。しかも、私に断る理由もない。自由なんてほとんどありませんし、お金もカツカツ。貴族なんてとんでもない話です」(Dさん)

 本当に優雅な「独身貴族」生活を謳歌している人は、それほど多くないようだ。