7-9月期の中国の実質GDP成長率は4.9%であった。4-6月期は3.2%だったので、高くはなっているものの、市場予想の5.2%と比べると0.3ポイントほど低い。そのため、発表のあった10月19日、上海総合指数は売られる展開となった。

 ただ、低いとはいえ、1-9月では0.7%とプラスに転じている。10-12月期の成長率は5%を超えてくるだろうから、通期では1.8%以上になると予想される。10月11日に発表されたIMF(世界通貨基金)による世界経済見通しでは、2020年における中国の経済成長率は1.9%と予想しているが、おそらく±0.1ポイント程度の精度で当たるのではないかとみられる。

 市場予想ほど高くなかった理由は、中国金融当局が足元の景気に自信をもっているからだと考えている。当局による金融緩和の程度を知るうえで、インターバンク市場における金利動向は重要な指標の一つとなり得るが、その推移をみると2月に入り急激に低下したものの、5月は底這い状態となり、6月に入ると上昇に転じている。そうした傾向は1か月、3か月、6か月、9か月物でよりはっきりしている。6か月、9か月物については足元で、すでに急激に低下する前の水準に戻している。

 新型コロナ禍への対応は経済活動を著しく阻害するとの認識から金融当局は流行発生直後から、充分な流動性資金を供給したわけだが、その後は過剰な流動性資金を供給する必要がないほど、経済は回復したとみているのだろう。

 新型コロナ流行の開始時点で中国の初動が遅れたとの批判もあるが、むしろ逆かもしれない。初期の対応が早かったからこそ、短期間での景気回復を実現できたとも考えられる。

 流行し始めたのは1月に入ってからだが、1月23日には発生源となった武漢市やその周辺をいきなり都市封鎖した。中国共産党は封鎖する直前、中央政府内に指導組織を設置し、指揮を統一、トップダウンで各地域に全力で対処させる体制を構築した。この組織が全国的にPCR検査を徹底させ、感染の拡大した都市において驚異的なスピードで病床数を増加させた。2月に入ると地方政府に健康カードを発行させ、GPSを使って人の移動を把握、濃厚接触者の特定と隔離がもれなく迅速に行えるようなシステムを用意させた。

 生産活動にも直接関与した。2月上旬に緊急処置として、春節休暇を1週間ほど引き延ばし、全国一斉に生産をストップさせた。その後は日々の生活に必要不可欠である重要性の高いインフラから順次正常化させる措置をとり、できる限り人の接触機会を減らした。

 経済政策では、もっとも重要な金融面での全面的なサポートが1月31日の通知によって発令された。これによって、脆弱な財務体質の中小零細企業や、人の移動制限によって大きなダメージを受ける業種の大企業の資金繰りを全面的にサポートした。その後、3月の全人代では新型インフラ設備投資を拡大させる政策が示され、積極財政も加わった。

 日米欧ではとても真似できない社会・経済・金融に対する迅速で強いコントロール力があったからこそ、新型コロナ禍の震源地でありながら、僅か3、4か月でその封じ込めに成功し、その後の経済の急回復につなげることができたと考えられる。

 前出のIMFによる世界経済見通しによれば、2020年におけるアメリカの成長率は▲4.3%、ドイツは▲6.0%、日本は▲5.3%といった有様だ。新型コロナについては、日本はともかく、アメリカ、欧州では封じ込めるどころか、感染者数は再び拡大している。

 この4年間、トランプ政権は、中国からの特定の輸入品に対して懲罰関税をかけたり、ファーウェイ(華為技術)を筆頭にハイテク企業に対して禁輸措置を行ったり、非常に厳しい対中強硬策を行ったが、果たしてそれで、中国経済はどれほどの影響を受けたのだろうか。

 トランプ政権が誕生する直前の2016年から2019年までの中国の実質GDP成長率をみると、順に6.85%(2位)、6.95%(3位)、6.75%(1位)、6.11%(1位)である。カッコ内はG20の中での順位である。成長率は2017年以降、年々下降しているとはいえ、中国は2018年も、2019年も、世界主要国の中では最も高い成長を達成している。そして、2020年に入ってからは既に示した通りである。

 アメリカは今回の大統領選挙によって、貧富の差による対立、人種による対立、保守とリベラルといったイデオロギーによる対立など、複雑な対立関係が改めて浮き彫りにされた。新型コロナの感染者数は世界最大、未だに封じ込めることができず、今期の成長率は大幅なマイナスが予想される。中国とアメリカのこの差について、なぜそうなるのか、その理由をもっと真剣に考えてみる必要がありそうだ。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うフリーランスとして活動中。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。