映画が公開されると瞬く間に、平日と土日における日本公開映画の興行収入と動員数で歴代1位を記録。歴史的なメガヒットとなった漫画『鬼滅の刃』(集英社)はなぜ現代日本人の心を鷲掴みにするのか。

 舞台は大正期の日本。東京・奥多摩に暮らす10代の少年、竈門炭治郎が主人公だ。父親の病死後、家業の炭焼きをしながら6人きょうだいの長男として一家を支えてきた。だが、留守中に家族を「鬼」に殺され、ただひとり生き残った妹・禰豆子も凶暴な鬼に変異しかける。妹を人間に戻すため、鬼の根絶を目指すため、炭治郎は「鬼殺隊」という組織に入って鬼退治の旅に出る──というのが物語の大筋。

 作品の人気の秘密が「炭治郎というキャラクターにある」と読み解くのが、作家の橘玲さんだ。

「“これが自分の生き方なんだ”と一切の迷いなく、真っ直ぐに、必死に生きる主人公に惹かれる人が多いはずです」

 たとえば、同じく人気漫画でも『ドラゴンボール』の孫悟空は世界や宇宙を救おうとするし、『ONE PIECE』のルフィは海賊王を目指す。つまり、世界のヒーローになりたがるのだが、「なぜそうしたいのか」がはっきりしない。だから、孫悟空もルフィも物語の中で「自分は何者なのか」という“自分探し”に迷いながら進んでいく。

 一方、炭治郎の場合は、目標が明確かつシンプル。「妹を救いたい」の一点だけ。ヒーローになりたいとは一切言い出さない。だから、自分の目指すものに迷いがない。炭治郎は鬼との戦いで骨が折れても、自分を鼓舞する。

《頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 俺が挫けることは絶対に無い!!》(『鬼滅の刃』コミックス第3巻より)

 妹を救う──目的がシンプルなだけに、“自分探し”は必要なく、自分の生き方に圧倒的な自信が持てるのだ。

「70〜80年前までは日本でも、生まれた場所や家柄、家業で、誰と結婚してどのような人生を送るのかがほぼ決まっていました。窮屈な人生の一方で、“自分探し”の必要はなかった。

 現代日本は一人ひとりが自由に生き、自己実現するのが理想とされるようになりました。それ自体はいいことですが、人生の選択肢があまりに多様なため、『自分らしさ』を見つけることが難しく、つまずく人が非常に多い。自己責任の“自分探し”が大きなプレッシャーになっています。

 そうした“自分探し”に疲れた若い人たちが、わかりやすい『自分らしさ』を生きる主人公に憧れを抱くのではないか」(橘さん)

※女性セブン2020年11月5・12日号