根強い人気を誇る糖質制限ダイエット。米やパンなど、糖質を含むものを極力取らない食事に切り替える手法で、その手軽さから実践する人は少なくない。

 サプリポートが糖質制限ダイエットの経験者400人に調査したところ、取り組んだ期間の平均は4.9か月。経験者のうち98.2%が1か月以上継続でき、減った体重の平均は4.3kg。痩せたい人にとっては、魅力的なダイエット法に映るのも納得だ。

 だが、あまりにストイックに取り組むのもまた問題。自身の体調の心配はもちろん、飲食店や周囲の人を困惑させることもあるようだ。ネットでもしばしば話題にのぼるのが、「寿司のシャリ残し」「とんかつの衣剥がし」目撃談だ。

 20代の女性会社員・Aさんは、女友達と回転寿司店に行った際、彼女の行動に目を疑ったという。

「彼女は半分だけシャリを食べ、残ったシャリの上に次の皿を重ねて圧力をかけて、普通に積み重ねてごまかそうとしたんです。横並びに座っていたこともあり、最初はわからなかったんですが、途中でお皿の重なり方がおかしいのに気づきました。『食べないんだったらもらうよ』といって、それ以降は私がシャリ担当になりました。そういうことなら、店選びの段階で言ってくれればよかったのに……」(Aさん)

 ご飯や麺類など以外に、小麦粉やパン粉、片栗粉などを使った揚げ物の衣などにも糖質は含まれている。どこまで糖質を気にするかは人それぞれだろうが、揚げ物の衣にも気を配る人はいるようだ。30代の男性会社員・Bさんが語る。

「同僚との飲み会で、コース中に天ぷらが出てきたときのこと。20代の女性が、衣をはぎ取って食べていました。お皿は剥がされた衣の山……。あまりに気になって、いつもそうしているのか聞いてしまいました」(Bさん)

 するとその女性は、「餃子や春巻き、焼売の皮も剥がす」と答えたという。

「皮も小麦粉からできているので、なるべく避けたいそうです。春巻きは半分に割って、そこからカニを食べるように中の具を掘り出すイメージ。焼売や餃子も皮を剥がして、身だけほじって食べるのだそうです。だったら最初から食べなきゃいいと思うのですが……」(Bさん)

 30代の男性会社員・Cさんは、ファーストフード店で、ハンバーガーのバンズを残している男性を目撃した。

「バンズに挟まっている野菜と肉を取り出して食べたあと、パンを紙に包んでかばんに入れていました。捨てるのはしのびなかったのか、それともパンはパンで帰ってから食べるのかは謎ですが、とにかく不思議だったことは確かです」(Cさん)

 糖質制限にこだわるあまり、周囲の人からは奇異な行動に映ってしまう人もいるようだ。お金を払っているのだから、本人的には「問題ない」のかもしれないが、周囲は案外困惑している。