1980年代の人気漫画『きまぐれ☆オレンジロード』作者のまつもと泉さんが10月6日に亡くなった。61歳だった。この時ツイッターのトレンドには「オレンジロード」や「まつもと泉」が入り、作品の思い出が続々と書き込まれた。こうした1980〜90年代の『少年ジャンプ』黄金期のメイン読者は現在は40〜50代になっているが、今後は人口も多いこの世代に向けたリバイバル商品ブームが活性化するのでは、とネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)は分析する。

 * * *
 まつもとさんの逝去を知った時、「もうあの上手な絵を見られないんだ……」という残念な気持ちになりました。ネットの書き込みを見ると、私と同世代と見られる人々が郷愁の気持ちを続々と書き込んでおり、やっぱり小さい頃に見た作品というものはいつまでも心の奥底に残り続けるんだな、と感じ入ったものです。

 私自身、最近でも漫画喫茶に行ったり、文庫版を全巻まとめ買いする時に読むのは過去に熱中した作品ばかりです。新しい作品はほぼ読みません。それだけ保守的になってしまっているんですよね。

『キン肉マン』『北斗の拳』『キャプテン翼』『銀牙-流れ星銀-』『ブラック・エンジェルズ』『魁!男塾』『赤龍王』『天地を喰らう』『キャッツ・アイ』『よろしく!メカドック』などが該当しますが、かつて読んでいた作品の「○周年」企画で発売されたグッズやムックなどはついつい購入してしまいます。

 昨年の『キン肉マン』40周年の時も色々と買ってしまいました。来年は『キャプテン翼』が40周年、2023年は『北斗の拳』が40周年を迎えるなど、関連グッズの販売が見込まれますが「オッサンホイホイ」状態になり、ネットではこれらに関する話題が盛り上がり、販売も好調になることでしょう。

 ネットで話題になるものは、40〜50代の男性がかつて熱狂したものになりがちです。かつて私がいわゆる「キュレーションメディア」の編集をしていた時は、「40代が泣いて喜ぶ懐かし商品50選」といった記事を出していましたが、2つライトのついたスポーツタイプの自転車、アイスクリームの「宝石箱」、野球盤、キン消し、ファミコン、ゲーム&ウオッチなどを次々と紹介したところ、数万シェアを獲得するに至りました。

 だからこそ、PV(アクセス数)やシェア数を稼ぎたい時は1960年代後半〜1970年代後半生まれの男性の郷愁の念を呼び起こすネタを出せばいい、という一つの成功法則を見つけました。

 漫画についてはそうですが、当然ゲームも該当するでしょう。ファミコン、スーパーファミコンが2大巨頭ですが、2000年代になって当時のゲームをプレイステーションやPS2でプレイできるようにした「ナムコミュージアム(しかもアーケード版!)」や「カプコンジェネレーションズ」はヒットしました。

 最近でも30種類の厳選されたゲームをプレイできる「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(2016年発売)と、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(2017年発売)がヒットしました。今年11月にはゲーム&ウオッチが、35周年を迎えた『スーパーマリオブラザーズ』とコラボして復活します。

 ちなみにファミコンミニの方は、「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」なんてものもありました(2018年発売)。これは、ジャンプの作品をモチーフとしたファミコンゲームが20種類入っているもの。

『キャプテン翼』『聖闘士星矢』『キン肉マン』などの他、しきりとジャンプの巻頭コーナーの『ファミコン神拳』で紹介された『ドラゴンクエスト』も収録されています。開発者もよく分かっていますね。この組み合わせはもう我々の世代は泣いて喜びます。

 人口も多く、お金も使える年齢になったこの世代に対しては、広告業界からも熱視線が送られています。広告会社の人と喋っていても、「この頃のキャラを使ったCMをやってみたい」との声はよく聞かれます。今回、突然のまつもとさんの訃報を受け、今後は現在の40〜50代の人々が読んでいたジャンプ作品の作者への仕事依頼が「お元気なうちにぜひ!」と相次ぐのではないでしょうか。

 考えられるのは宮下あきら氏(67)、北条司氏(61)、江口寿史氏(64)、次原隆二氏(62)、高橋陽一氏(60)、高橋よしひろ氏(67)などでしょうか。それらのリバイバル作品や関連商品が楽しみでなりません。それと同時に、『オレンジロード』の恭介、まどか、ひかるの3人が40代になったら……的な作品を今後読めない寂寥感も覚えるのでした。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。