日本で8400万人のアクティブユーザーがいるコミュニケーションアプリ「LINE」。多種多様なスタンプが有料・無料問わず存在し、絵文字とともに、文字だけでは表現しきれない感情を伝えるツールとして、広く活用されている印象だ。一方で最近では、特に若い世代の間で、LINEのスタンプを使わないというユーザーも増えている。

 都内の私立大学に通う女性・Aさん(19歳)は、友人とのメッセージのやりとりについて次のように語る。

「高校時代からLINEのスタンプは使っていないですね。逆に無料スタンプを使っているのは、おじさんたちのLINEというイメージです(笑い)。スタンプをいちいち選ぶのが面倒くさいし、それなら一言『それな』とか『り(了解→“りょ”→り)』、『じわ(“ジワジワする”→ジワる→じわ)、『すこ』(“好き”の変化形)で済ませます。既読スルーとかそんなのは気にしないですね。むしろ、誰でも簡単にLINEでつながることに抵抗があります。多分、LINEグループ全盛期とかよりも後に生まれているので、LINEにも警戒心が強まっている世代だと思います」(Aさん)

 大阪の私立大学に通う女性・Bさん(20歳)も、スタンプは使わない。

「たしかにスタンプは使わないです。課金したこともない。絵文字と顔文字も使っている友人もいないですね。絵文字を使う人は、無理して若者っぽくしているおじさん達のイメージ(笑い)。そのかわりに、ひらがなで短く返すというのが多いかもしれません。長文でメッセージを送ってくる人は怖い! 必死というか、厄介な人という印象です。

 私自身は、そもそもLINEもそこまで使っていないです。仲良い友達とは、インスタ(Instagram)のメッセージ機能を使ってやりとりしてます。インスタの『ストーリーズ』(24時間で消える投稿)で、スタンプを押したりして。友人のストーリーにコメントして、そこで普段の会話もまとめてしちゃう感じです。LINEはむしろ中学、高校とか、ちょっと疎遠な人たちの連絡先を保存しておくところです」(Bさん)

 東京の私立大学に通う女性・Cさん(19歳)にも話を聞いたが、Aさん、Bさんと同様の答えだった。

「私もLINEは文字を送るだけで、スタンプは使いませんね。愚痴を言いたいときも、友達に重くならないように『まじしんど』『ほんまむり』ぐらい(笑い)。簡単にメッセージで送って、後は会って話す感じです。スクショできちゃうものは記録に残したくないので。

 他のSNSだと、Facebookはアカウントを作ったことはありますけど、放置していて使ってないです。仕事の自慢をしたい意識高いおじさんが使っている印象があります(笑い)。Twitterは趣味用に2つ、プライベート用に1つで、合計3つアカウントがあるんですが、プライベート用はつぶやきませんし、放置です。趣味の匿名のアカウントだけ、情報収集用によく使っています」(Cさん)

 気づけば若い世代にとって、メッセージアプリを使ったコミュニケーションは、どんどんシンプルなものになっているようだ。今やLINEを使うにしても、絵文字やスタンプどころか「平仮名」ばかりという人は少なくない。同じツールを使っていても、世代によって文化は大きく異なるのは間違いないだろう。