今年の秋冬はシャインマスカットが大ブーム。シャインマスカットを使ったスイーツやドリンクが多数販売されている。そのブームは、ミネラルウォーターの世界にも広がっており、マスカットを含めた“ぶどうフレイバー”のミネラルウォーターや炭酸水が多く発売された。

 そこで、マネーポストの庶民派グルメ担当記者Aが、4種類のぶどうフレイバーのミネラルウォーター、炭酸水を飲み比べた。

 今回ピックアップしたのは、日本コカ・コーラ『い・ろ・は・す 白ぶどう』、サントリー『芳醇ぶどう&サントリー天然水』、サントリー『サントリー天然水 贅沢スパークリング 白ぶどう&赤ぶどう』、アサヒ飲料『「ウィルキンソン タンサン」マスカット』の4種類。いずれもコンビニやスーパーで販売されている500mlサイズのペットボトルに入った商品を試飲した。

 まずは、日本コカ・コーラ『い・ろ・は・す 白ぶどう』。パッケージには「長野県産シャインマスカット エキス入り」と書かれている。カロリーは、100mlあたり18kcal。容量は555ml。希望小売価格は130円。原材料名として、〈ナチュラルミネラルウォーター、糖類(果糖、砂糖)、食塩、ブドウエキス/香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)〉と記載されている。

「香りはそこまで強くないのですが、味の方はしっかりとマスカットを感じます。ほかの『い・ろ・は・す』シリーズと共通する部分ですが、甘みも結構強くて、ミネラルウォーターというよりも“ジュース”っぽいイメージを持つ人も多いのでは。ほんのりとぶどうの皮の尖った香りのような渋みも感じ、それが意外と心地よい“クセ”を演出しているような印象もあります」(記者A・以下同)

 続いてサントリー『芳醇ぶどう&サントリー天然水』。公式サイトの説明文によると〈皮ごと搾ることでほどよい渋みと酸味のある、満足感たっぷりの果実の味わいを実現〉しているとのこと。カロリーは100mlあたり22kcal。容量は540ml。希望小売価格は124円。原材料は〈ナチュラルミネラルウォーター、糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)、ぶどう果汁、食塩、ミントエキス/酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)〉となっている。

「蓋を開けた瞬間の香りはほのかですが、飲むとしっかりぶどうの味がします。甘みや酸味も十分で、味がしっかり立っています。“ぶどうジュース”とまではいかないものの、ミネラルウォーターとはまったく異なるもの。飲んだ後、口の中にほんのりぶどうの香りが残るのも特徴です」

炭酸水にマスカットフレイバーは定番化もアリ?

 次は、炭酸水。サントリー『サントリー天然水 贅沢スパークリング 白ぶどう&赤ぶどう』だ。原材料は〈ナチュラルミネラルウォーター、ぶどう果汁(チリ製造、国内製造)、高果糖液糖、モルトエキス/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)〉。カロリーは100mlあたり0kcal。容量は500ml。希望小売価格124円。白ぶどうと赤ぶどうの果汁が入っている。

「果汁が入っているということで、香りがしっかりと立っています。ぶどうの味を感じることができて、飲みごたえもありますね、何かで割ってのむというよりも、このままグビグビと飲んでおいしいタイプのドリンクだと思います。飲んだ後も口のなかでぶどうの香りが広がっているのも印象的です。薄く色がついているのは、案外“飲みたい”欲をそそりますね。しっかりと味がするのに0kcalというのは、かなり嬉しいポイントです」

 最後は、こちらも炭酸水。アサヒ飲料『「ウィルキンソン タンサン」マスカット』を試飲した。原材料は〈水/炭酸、香料〉、カロリーは0kcal。容量は500ml。希望小売価格95円。

「シンプルに表現すれば、ほんのりとマスカットの香りがする炭酸水ですね。果汁も糖分も入っていないので、味はしません。そしてウィルキンソンらしく、炭酸はかなり強めです。刺激のある飲み物ですが、マスカットの香りのおかげでかなり飲みやすくなっていると思います。爽快感も増しているように感じますね。レモンやグレープフルーツのフレイバーの炭酸水は定番化していますが、このマスカットも定番化していいのではないか、と思いますね」

 ぶどうフレイバーのミネラルウォーター、炭酸水飲み比べた記者Aが総括する。

「それぞれ細かい違いがありますが、いずれもとてもおいしいです。そもそもぶどうはワインという形でずっと飲まれてきたものだし、ミネラルウォーターや炭酸水に合わないわけがない。それこそ、これまでそんなに目立った存在ではなかったのがおかしいくらい。今後はもっと人気が出るような気がします」

 ぶどうフレイバーが、ミネラルウォーター・炭酸水の新たな市場を切り開くか。