今年も残り2か月。新型コロナウイルスに振り回された1年だったが、今までいろいろと自重してきた人もそろそろ「年末年始の過ごし方」を考え始めている頃だろう。

「正月休みは家族揃って夫の実家の徳島に帰省する予定です。新型コロナで周囲の目もあるし、久しぶりにちょっと贅沢もしたいから、実家ではなく温泉旅館に泊まるつもり。だけど、ウチと同じように『Go Toトラベル』の利用を考えている人が多いのか、泊まりたい宿はどんどん予約で埋まっていく。“早めに計画を立てないと泊まれなくなる”と夫をせっついています」(40代主婦)

 国土交通省の発表によると、7月の事業開始から10月15日までにGo Toトラベルを利用して宿泊した人数は、すでにのべ3138万人。来年1月末までの販売が予定され、年末年始にGo Toトラベルを利用する人は増えそうだ。トラベルライターのSHIORIさんが言う。

「休みを分散させたい政府の要請で年末年始が長期休暇になる可能性のある企業があるので、年末年始の駆け込み予約が始まっています。また、11月17日以降の予約分については、7泊までという制限がつきました。その制限前に予約しなければと、さらなる需要が生まれているので、いまのうちに予約した方がいいです」

 そもそも、Go Toトラベルはどれだけお得なのか。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが説明する。

「キャンペーン対象のホテルや旅行商品を利用すると、宿泊費や交通費などが35%割引になり、旅行先の飲食店や土産物店などで使える地域共通クーポンが15%分もつくので、旅行代金は実質的に半額になります」

 支援額の上限は1人1泊当たり2万円で、日帰り旅行は1万円。家族4人で旅行すれば、1泊あたり最大8万円もお得になるのだから、これを放っておく手はない。

「新幹線や飛行機だけを予約してもGo Toトラベルの対象にはならないので、ホテルとセットにした方がトータルで安上がりになることが多いんです。例えば実家に5日間帰省する際、新幹線の往復日を決めて、その間のホテル宿泊を1泊だけつけるというツアーが存在します。その日以外を実家で過ごせばほかの交通費も含めた旅行代金が割引になるので、断然お得です」(風呂内さん)

 節約アドバイザーの丸山晴美さんも、冒頭の主婦のように帰省にGo Toトラベルを活用することをすすめる。

「実家近くに温泉施設があれば、そこで実家の両親や家族と合流して、年末年始を迎えるのもいい。新型コロナの影響で地方では“帰ってくるな”という近所の目もあるでしょうから、それを避けることもできて一石二鳥です」

 例年なら、帰省したときに「宿泊施設に泊まる」とは言いづらいが、今年は新型コロナを理由に、帰省ついでに堂々と、しかも割引で温泉旅行を楽しめるチャンスなのだ。Go Toトラベルでは、「割引額が大きくなる」という理由で、高級旅館やホテルに人気が集まっているという。たしかに1人1泊6万円のホテルなら割引額は2万円だ。

「最もおすすめなのは1人あたり1泊4万円の旅です。それがいちばん割引額は大きくなります。ただ、割引後の金額は自分で払うわけですから、高級路線だけでなく、コストカットにつながる旅行も賢い選択だと思います」(風呂内さん)

 旅行サイトを使って予約すれば、ポイントもゲットでき、二重にオイシイ。

「例えば楽天カードを持っている人なら、『楽天トラベル』を通じて旅行の予約をすれば、楽天ポイントがたまります。リクルートカードでPontaのポイントを集めているなら『じゃらんネット』がお得。ヤフーだったら『ヤフートラベル』というように、自分がどのポイントやマイレージを集めているかを選ぶ基準にすればいいでしょう」(丸山さん)

 大手旅行サイトだと人気商品はすぐに売り切れてしまう可能性がある。

「移動込みの予約の場合、ほかのサイトではまだツアーが残っている可能性があるので、1つだけで諦めず、いくつかのサイトを回ってみてください。規模の小さい旅行会社のサイトだと意外と見つかる場合があります」(SHIORIさん)

 丸山さんが旅行ですすめるのは、バスツアーだ。

「はとバスやクラブツーリズムなどのパッケージツアーなら交通費だけではなく、昼食代やアクティビティーもお得になり、行った先では地域共通クーポンが使えます。クーポンはその地域のアウトレットモールでも利用できる場合があるので、アウトレットモールへ立ち寄るツアーを選んで、地域共通クーポンを利用した“買い物ツアー”として考えてもいいですね」(丸山さん)

※女性セブン2020年11月19日号