空前のブームを巻き起こしている『鬼滅の刃』。コミックスシリーズ累計発行部数が1億部、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は興行収入150億円を突破した。連日のメディア報道、コラボ商品も相次ぎ、もはや“鬼滅”という言葉を見ない日はないほどだ。

 そんな『鬼滅の刃』の盛り上がりは日本だけでは収まらない。親日国として知られるタイでも、人気になっており、すでに劇場版の公開も決まっている。

「『鬼滅の刃』に、とにかく息子と妻が夢中なんだ。日本に戻るならグッズを送って』とタイ人の同僚から頼まれたばかり。彼自身は最近、家族を通して知ったようですが、『最高!』とうなっていました。タイでも人気だったとは驚きです」

 そう驚きの言葉を口にするのは、タイの日系企業で働く日本人男性・Aさん(40代)だ。タイ語名では『ダーブピカートアスン(魔を殺す刀)』だが、日本名の『鬼滅の刃』を口にしても「ヤイバー!」と言い笑顔で喜ぶタイ人もいるほど、タイでも十分に通じるという。

 Aさんはすでに日本語版でコミックスは持っているが、自身のタイ語学習のために、タイ語版を購入しようとした。すると、思わぬ出来事に見舞われた。

「漫画が多く置いてある書店に行ったときのことです。タイ版の最新刊は21巻なのですが、それ以外の既刊はすべて売り切れていました。ほかのお店でも、全巻揃っているところがなかなかなかったりして、店員さんに聞くと、もともと人気はあったが、映画の上映が決定したことで漫画の売れ行きも激増しているようです」(Aさん)

 タイでは、劇場版が12月9日に公開予定だ。日本人声優のタイ語字幕版だけでなく、タイ人声優による吹き替え版も公開される。特典付きチケットセットを購入できるサイトではすでに売り切れが続出していることからも、人気の高さがうかがえる。

 タイの人たちは『鬼滅の刃』をどう見ているのだろうか。日本のゲームやアニメ、漫画が大好きで日本語を勉強中だという飲食店勤務の女性・Bさん(20代)は、『鬼滅の刃』という名前を出すと、「ツーヨクー、ナーレルー」と『紅蓮華』を歌いノリノリだ。

「アニメにハマってから、漫画を集めています。一気に買うのではなく1巻1巻ゆっくり噛みしめながら読むのが好きなので。キャラクターデザインに“日本”を感じますし、それぞれのキャラの性格も大好き。鬼を完全に悪として描かず、人間だった頃の苦しい過去があるという描写もいいです。それに(竈門)炭治郎が鬼に寄り添う優しさも好き」(Bさん)

 ゲームは『戦国BASARA』、漫画は『ジョジョの奇妙な冒険』『寄生獣』、そして伊藤潤二のホラー作品などが大好きだというBさん。『鬼滅の刃』には、多くのタイ人を惹きつけるポイントがあると言う。カギは「家族愛」「きょうだい愛」「ホラー要素」だと熱く語る。

「タイ人はとても家族を大切にしますし、きょうだいのつながりも強い。私も学校を卒業後、イーサン(タイ東北部)からバンコクに出て、長女として妹や母のために仕送りしていました。また、『鬼滅の刃』には怪物モノやホラー的要素がありますよね。タイ人にはホラー作品が好きな人も多いので、その点でも人気が出ているのではないかと思います」(Bさん)

「コロナがなかったら日本に行き、劇場版を見たいくらい。日本語はそこまで理解できるわけではないけど。それくらい好き」と熱弁するのは、自営業のCさん(30代)だ。

「映画上映が決まって、嬉しくてShopee(ECサイト)で羽織を買いました。彼女と一緒に炭治郎と禰豆子のものを着て、ひとまずタイの上映決定をお祝いしたところです。台湾の公開が早くて羨ましい。これまで漫画では、『NARUTO -ナルト-』が一番好きだったのですが、『鬼滅の刃』も同じくらい好き。僕は師弟愛に弱くて……、2作品とも泣きました」(Cさん)

 タイでは、日本アニメとして『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』だけでなく、12月3日から『機動戦士ガンダムNT』、1月28日から『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ?永遠と自動手記人形-』などが公開予定。Cさんは「忙しくなる」と嬉しそうだだ。

 日本の鬼滅ファンを魅了するポイントと共通点が多いタイ人ファン。人々を夢中にさせる作品に、国境の壁はないようだ。