飲料各社がラベルをつけない「ラベルレス」のペットボトル商品に注力している。アサヒ飲料が2018年から「アサヒ おいしい水 天然水」を今年、完全ラベルレスに。さらにこれまで、「十六茶 630ml」「六条麦茶 660ml」「守る働く乳酸菌 PET100ml」のラベルレスボトルを展開しているほか、2月からはAmazon限定で「ウィルキンソン 炭酸水500ml」のラベルレスボトルを発売。

 またコカ・コーラもオンライン限定で今年4月に「い・ろ・は・す560ml」、8月にはオンライン限定で「綾鷹525ml」「爽健美茶500ml」「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング 430ml」など3品、サントリーもやはりオンライン限定として11月3日に「サントリー天然水 スパークリングレモン500ml」「サントリー緑茶 伊右衛門525ml」の2品を発売開始している。

 これらのラベルレス飲料が登場したのは、今年4月の資源有効利用促進法の改正を受けてのもの。以前はボトル1本ごとに原材料名やリサイクルマークの表示が必要だったが、法改正によって外箱に記載があれば1本ごとの表示は不要になった。そのため「ケース売り」が原則で、ネット通販での取り扱いがメインとなっている。

 各社こうした商品に注力する背景には、環境意識に加え、コロナ禍での消費者ニーズの変化も関係しているようだ。実際にラベルレス飲料を愛飲する消費者たちの声を聞いた。

 30代の男性会社員・Aさんは、コロナ禍に家飲み用の炭酸水をよく購入するようになった。コンビニやスーパーでその都度購入していたが、手間やコスト面などからネットショッピングで大量購入するようになり、気づいたことがあった。

「以前からウイスキーや焼酎などを炭酸水で割って飲んでいたのですが、コロナ禍になって外で飲まなくなり、家飲みになると、炭酸水の消費量も倍以上になったので、箱買いするようになりました。しょっちゅう飲むようになると、ラベルを剥がして捨てるのが地味に面倒だということに気づきました」(Aさん)

 箱買いするようになったことで、「ラベルレス」が選択肢に入るようになった。

「ゴミの量が減ってすごく助かっています。ただ、同時に違うメーカーのラベルレスの水を買うと、『これは何の水だっけ?』となりそうなので、常に1種類しか買わないようにしています」(Aさん)

 20代の男性会社員・Bさんは、お茶やコーヒーをティーバックやインスタントで作っていたが、ペットボトルに切り替えた。

「自分で作った方が安いと思って、作ったお茶を冷蔵庫に保存していましたが、面倒になり、ペットボトルの箱買いに切り替えました。のどが渇いたときになくなっているという不測の事態も減りましたし、会社に出勤するときにはそのまま持って行くことができて便利。ラベルレスは値段的にもお得で、この楽さを知ってからは、もう戻れません」

 それまでも、炭酸飲料などでペットボトルを購入時には、特有のラベルはがしを面倒だと思っていたが、「ラベルレスではもう悩まされることはない」と満足気だ。

「正直、3本くらいでもゴミ捨てのときのラベル剥がしは面倒。その点では本当に楽でストレスから解放されました」(Bさん)

 最近ではネットショップだけでなく、コンビニ等でもラベルレスの商品を売っているところを見るようになった。通常のフィルムラベルを外し、小さな首掛式ラベルが添付されているものだ。20代の女性会社員・Cさんは、「なんか映える」と笑う。

「シンプルでかっこいい。試しに買ってみたんですが、冷蔵庫に入れるだけで映える感じがまたいいです。ラベルの生活感がなく、おしゃれで気に入っています」

 まだまだ真新しいラベルレスだが、環境意識に加え、ゴミ捨て時の利便性、さらに「おしゃれ」「映える」といった風潮が高まれば、ますます普及していくかもしれない。