ロンドン(イギリス):2700円、パリ(フランス):3768円、デュッセルドルフ(ドイツ):4179円、ソウル(韓国):6004円、ニューヨーク(アメリカ):7990円、東京(日本):8175円。──これは世界各都市のスマホユーザー(20GB)の平均的な月々のスマホ代を総務省が調査(2020年3月)したもの。なんと、ロンドンに比べて東京は約3倍も高い。

「携帯電話料金は4割程度、下げられる余地がある」。菅義偉首相(71才)は2年前からそうした主張を繰り返し、ケータイ料金の値下げはいまや政権の目玉政策だ。

「政府が民間サービスである携帯電話料金に口出しすることに違和感を持つ人は少なくないでしょう。しかし、現在は3大キャリアのNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社が、国と国民の財産である『電波』をほぼ独占して、莫大な利益を上げている。菅首相の“値下げ要請”にも一理あるのです」(経済ジャーナリスト)

 どちらにせよ、スマホユーザーとしてみれば、値下げしてくれるに越したことはない。ほんの15年前まで、こんなにケータイ料金が家計を圧迫すると思ってもみなかったが、いまやスマホ代のカットは家計の“目玉政策”でもあるのだ。

 あらためて3大キャリアの料金プランを見てみると、スマホユーザーに一般的な大容量プランでは、ドコモが月額7150円(30GB)、KDDIが7650円(データ通信量上限なし)、ソフトバンクが7480円(50GB)。冒頭の調査の通り、東京のスマホ代が8000円ほどなのは妥当なところだ。

 だが、節約アドバイザーでファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが断言する。

「スマホに月5000円以上払っているのは、はっきり言って高すぎる。菅首相の値下げ政策を待つまでもなく、いまでも5000円以下に抑えることは簡単です」

すべてLINEを使えば「月600円」

 まず検討すべきは「大手キャリアのサブブランド」への乗り換えだ。サブブランドとは、KDDIやソフトバンクが提供する低価格帯のサービスのこと。いわゆる“格安スマホ”の一種だが、1000社以上ある独立系の格安スマホ会社に比べ、大手キャリアが運営するだけに安心感がある。

「ケータイ料金を下げろ」という政府の“圧力”を受け、10月末、各社のサブブランドはさらに値下げ。KDDIのサブブランド「UQモバイル」は月額3980円(20GB)プラン、ソフトバンク「ワイモバイル」も月額4480円(20GB)プランを発表した。

「サブブランドは安いだけあって電波が通じにくいとか、通信データ容量が小さいと思っている人も多い。しかし実際は回線の品質も充分だし、大容量も使える。大手キャリアと遜色ないレベルです」(大手キャリア社員)

 いままで大手キャリアを使っていた人は、このサブブランドに乗り換えるだけで、月額料金が約半分に下がる。修理などのアフターサポートはどうだろうか。前出の丸山さんが指摘する。

「無店舗の格安スマホ会社は少なくないですが、サブブランドならば独立した店舗があり、契約内容変更、修理受付など、その場で手厚いサービスを受けられます」

 サブブランドを新規契約するなら「家電量販店」がおすすめだという。

「端末割引やポイント還元など、量販店独自の割引も少なくない。端末代金は分割払いする人が多いですが、一括で購入して、量販店のポイント還元を狙うのがお得です」(前出・大手キャリア社員)

 ドコモにはまだサブブランドがないが、「12月1日の新社長就任に合わせ、他社のサブブランドに匹敵する格安プランが発表される見込み」(ITジャーナリストの石川温さん)だという。“4番目のキャリア”楽天モバイルも注目だ。プランは月額2980円で、データ容量は上限なしだ。

「楽天モバイルは実店舗の窓口もあるので安心。さらに現在は月2980円のデータ通信代も“1年間無料”という破格のキャンペーン中です(電話代は別)。ただし、楽天回線エリアは東名阪や各県庁所在地付近など限定的。エリア外だとau回線に接続され、その場合データ容量は5GBまでとなります。生活圏がエリア内の人は恩恵を受けられますが、エリア外の人は注意が必要です」(丸山さん)

 スマホ端末はそのままに、SIMカードを「格安SIM」に変更する方法もある。SIMカードは端末に挿入するチップのようなもので、データ通信や通話に利用される。大手キャリアのように4Gや5Gといった最新の回線を使わないので、値段が抑えられるというわけだ。

 格安SIMの種類は多岐にわたるが、たとえば用途によってデータ通信が無制限になる「カウントフリー」の格安SIMは使い勝手がいい。

「『LINEモバイル』の月額600円(500MB)プランは、LINEのデータ使用量の上限がない。通話、メッセージともにLINEをメインで使用している人にとってはかなりお得です」(石川さん)

 ほかにも、「ネットもメールもしない。電話だけ」という年配の人には、格安スマホ会社「日本通信」にかけ放題込みの月額2480円(3GB)プランがある。自分の生活スタイルによってスマホ会社を乗り換えて安くする──それが当たり前の時代なのだ。

ほとんど在宅なら容量の小さいプランも選択肢

 とはいえ、実際に7割近くの人が「携帯会社の乗り換えは面倒」と考えているという。実は、他社に乗り換えなくても、スマホ代を抑える方法はたくさんある。

「よくあるのは、契約時に『いまならお得』と言われ、追加したプランをそのままにしているケース。1つあたり月額300円ほどですが、塵も積もれば山となります。マメに請求書を確認し、不要なものは解約してください」(石川さん)

 一般にスマホ料金はデータ通信料によって左右される。だが、Wi-Fi環境下ではスマホを使ってもデータ通信量は一切カウントされないということは忘れてはいけない。

「ほとんど在宅のかたなど、常にWi-Fi環境下にいる場合、極力、容量の小さいプランに変更すれば安く済ませられます」(丸山さん)

 こんな裏技もあるという。

「他の大手キャリアに乗り換える場合や格安SIMに変える場合、電話番号引き継ぎの手続きを行うためには契約しているキャリアに連絡する必要があります。この電話は、各社にとって解約を阻止する最後のチャンス。実は、引き留めるためのマニュアルがあるんです。もとの契約にもよりますが、その場でまだ迷っている人には残ってもらうために値引きを提案することがあります」(前出・大手キャリア社員)

 家族4人でケータイ料金が揃って半額になれば、年間10万円以上節約できるという家庭も少なくないはず。やらない手はない。

※女性セブン2020年11月26日号