新型コロナの感染拡大以降、大都市から地方への移住を考える人も増えているようだ。とはいえ、たとえ移住に興味があったとしても、決断するのはなかなか難しい面もある。今年10月末をもってセミリタイアしたネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、11月1日に東京都渋谷区から佐賀県唐津市に移り住んだ。中川氏によると、現在は1か月間の「お試し移住」の最中で、その間に本格移住に向けた準備を進めているという。「お試し移住」の実態について、同氏がレポートする。

 * * *
 私は現在、唐津市から委託を受けて移住支援に取り組む「NPO法人NetworkStationまつろ」の協力をいただき、唐津市内で1か月間の「お試し移住」の最中です。今は本格的に唐津への定住をする準備をしています。この「お試し移住」というものを12日間経験したうえで感じたこと、発見したことについて書いてみます。

 元々唐津には何の地縁もなかったのですが、佐賀県と縁の深い知り合いが「セミリタイアするんだったら、佐賀県に住みませんか?」とオファーをしてくれました。人生をガラリと変えるのもいいな、と思い、その話に乗ったところ、トントン拍子で話は進み、今に至っています。

 私の場合、仕事については「やり切った」という達成感があるので、移住について何の障壁もありませんでした。妻は学生時代から16年ほどライターの仕事を続けており、地方にいても融通は利かせやすい。多少仕事量は減るかもしれないが、リモートでできる範囲はリモートでやり、必要なら1か月に1回ぐらい東京に出張をすればいいか、ということでこのオファーに同意しました。

 当然、我々には子供がいないからこそ決断できたことでしょう。子供の転校や進学のことを考えたら東京にい続けた方が良かったかもしれません。また、悠長に「セミリタイア」なんてことは言えません。

 さて、「お試し移住」です。これは、本当にこの制度があって良かったです。唐津市の場合、支援策としては以下が挙げられます。

【1】NPOのスタッフがもろもろ相談に乗ってくれる
【2】1か月間、お試し移住用の住宅(3DK)と軽自動車を無料で貸与してもらえる
【3】BBQや懇親会を開いてくれ、移住検討者(お試し移住経験者)と地元の人々の交流を推進してくれる

 さらに、私の場合は雑誌やウェブに連載のコラムを多数持っていたり、企業PRの経験が長いこともあり、佐賀県庁の人や唐津市役所の人も紹介してもらえました。県庁の人とは一緒に釣りに行ったりサウナに行くような仲になり、これも感謝しています。とある農作物を作り佐賀をPRしたい、という夢を語ったところ、農家の方も紹介してもらえました。ですから移住を始める場合は、その地元の人たちに「何をしたいか」をキチンと伝えた方がいいと思います。そうすることによって、その道に近付くための手助けをしてもらえるし、より、地元への理解が深まります。

「唐津にしばらく住むぜ」という気持ちは固まった

 さて、お試し移住の実態ですが、現在、私は編集者の仕事はほぼやめ、ライターとしての仕事が大部分です。PRプランナーとしての仕事はまだ残っているので続けています。これらの仕事もそこそこ時間はかかるのですが、これと並行して唐津で定住するための家探しをしています。だから日々、かなり忙しい状態が続いています……。

 それにあたり、「お試し移住」がいかに大事だったかを痛感するのです。何しろ、家を見つけるまでに1か月の猶予が与えられるというのはデカい! NPOやBBQで出会った方にお勧めのエリアを聞いたり、たまたま、会社員時代の同期が唐津に住んでいたため彼と飲んだ時にも話を聞かせてもらえた。こうして知り合った人々の知り合いにたまたま不動産会社の営業担当がいたりして、その人に今、懇切丁寧に家探しをお手伝いしてもらえています。

 現在の仮住まいにしても、徒歩5分圏内に大きなスーパー、ディスカウントストア、ホームセンターがあり、重宝しています。家の中には必要最低限のものはすべて揃っており、これまでとほぼ変わらない生活ができます。

 この原稿を書いている本日(11月13日)は、NPOのスタッフに唐津焼の窯に連れて行ってもらいます。夜は博多まで高速バスで行き、九州のライター軍団からの歓迎会に参加します。

 今はまだ「祭り」のような状況が続いており、12月にきちんと定住したところで「あとはご自身で頑張ってくださいね。そして、後進の人が来たら色々と手助けをしてくださいね」という状況になることでしょう。これまで私が受けた恩を、今後は返す番です。この1か月は佐賀・唐津を深く知る良いチャンスでした。

 いや、12日以上滞在したことがある街なんて、自分が住んだエリアを除き、出張でよく行った大阪と旅行でよく行った京都以外ありません! まさか唐津にこんなに長くいることになるとは……。そして、唐津にしばらく住むぜ、という気持ちはもう固まりました。それも「お試し移住」制度のお蔭です。これがあるかないかでは大違いだと思いました。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。