学生生活の一大イベントといえば、修学旅行。11月8日付の朝日新聞によれば、コロナ禍にも関わらず、公立小中高校のおよそ66%は修学旅行を実施する予定だという。修学旅行には「見聞を広める」「自然や文化に親しむ」「団体行動や公衆道徳を学ぶ」といった意義があるが、友達と一生語れるような思い出を作るのも大切なこと。世の大人たちはどれだけ修学旅行について覚えているのか? エピソードを聞いてみた。

 行く前から騒動は始まっている。兵庫県在住のIさん(40代女性/主婦)は、旅行よりも、行く前のことの方が印象的だという。

「旅行の前に死ぬほどやらされた“新幹線に乗る練習”が強く印象に残っています。新幹線の停車時間が短く、400人近くの生徒が2〜3のドアから乗ると間に合わないので、分散して乗車する必要があり、その練習を延々とさせられました。体育館にガムテープを貼って“仮想ホーム”を作り、教師がストップウォッチを持ってタイムを計測。時間内に乗れないと『アナタは乗り遅れたから置いてきぼり!』などと叱責されるのです」(Iさん)

 それでもIさんは行けただけマシだ。Hさん(40代男性/自営業)は、さる事情により修学旅行に行っていない。

「私は高校時代サッカー部で、全国大会出場を目指していました。ただ、修学旅行は10月で、予選の真っ最中。監督に呼ばれて、修学旅行に行くのかどうかを尋ねられ、泣く泣く『行きません』と、答えました。ただ、サッカー部員の中には、修学旅行に行った者もいました。

 ところが、修学旅行直後の試合で私は使ってもらえず、修学旅行に行った同級生が試合で使われたのです。チームは全国大会には出られましたが、私はずっとベンチだったので、今でも『修学旅行に行けばよかった』と、悔いが残っています」

初日から最終日まで、アクシデントはいつでも起きる

 出発日から大騒動だったのはNさん(30代男性/教師)だ。

「私は都内の学校に通っていて、自宅は埼玉県。集合場所は成田空港でしたが、始発に乗っても集合時間に間に合わないので、前日から成田のホテルに泊まりました。ホテルに1人で泊まるのは人生初でした。それで、有料放送を見ていて夜ふかしをしてしまい、思い切り寝坊してしまいました……。

 結局、集合時間がかなり早めに設定されていたため、飛行機には間に合ったのですが、親にも教師にも寝坊の理由を問い詰められ、いまだに同級生、教師、同級生の親などに会うと、必ず遅刻の話をされます」(Nさん)

 初日からはしゃいでしまった人も多い。Tさん(40代男性/新聞)には、旅行より大切なことがあった。

「当時、別の学校に通う彼女がいて、旅行先でも考えるのは彼女のことばかり。初日に行ったディズニーランドで、お土産用に大きなぬいぐるみを買ってしまいました。それから4泊5日、ずーっと大きなぬいぐるみを持って移動した私は、同級生や先生に冷やかされ、バスガイドさんにもイジられ、地獄のような5日間でした」(Tさん)

 Yさん(40代女性/ライター)は不可抗力としか言いようのない複数のアクシデントに襲われた。

「中学まで関西で過ごし、高校で東京に来たら、修学旅行が関西でした。行き先は元・自宅と目と鼻の先のような場所ばかりで、新鮮味はゼロ。しかも旅行中に風邪を引いて、一人だけ別の部屋に寝かされ、夜友人たちとおしゃべりする、といった楽しみもありませんでした。正直何の記憶もありません」(Yさん)

 ルール違反を犯すのも、ある意味で青春の1ページ。都内のお嬢様学校に通ったHさん(30代女性/翻訳)は、連帯責任を背負わされた。

「京都の旅館に泊まった時のことです。規則でドライヤーを持ってくるのは禁止でしたが、ボサボサになるのが嫌で、みんな持ってきていました。そして、お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かしていると、何かが爆発したような音がして、いきなり停電。全部屋で一斉にドライヤーを使ったので、ブレイカーが吹っ飛んだのです。復旧までにはかなりの時間がかかり、生徒は全員広間に集められ、正座で説教。いい思い出といえばいい思い出ですが、今は先生も大変だっただろうなと思います」(Hさん)

 自由すぎるのも考えもの、というのはOさん(40代男性/大学事務)だ。

「ウチの学校はとにかく自由で、法律に違反すること以外、ルールは一切ナシに近かった。修学旅行にギターを持ってきたヤツや、バカみたいに大きなラジカセを持ってきたヤツがいました。『眠いから』と言って、観光に行かずに宿で寝ていたヤツも……。当時はそれがカッコいいと思っていたんでしょうね」(Oさん)

終りが近付いても、気は抜けない

“団体行動を学ぶ”という点では、教師も例外ではない。Mさん(30代男性/テレビ)の高校では、教師がやらかした。

「最終日の忘れ物チェックで、『M本』と書かれた白いブリーフが出てきました。しかし、ウチの学年にその名字の生徒はおらず、M本といえば社会の教師だけ。それ以来、M本先生のアダ名は『パンツ』になりました」(Mさん)

 Aさん(40代/広告)は、ヘトヘトになった記憶しかないという。

「ウチの学校の修学旅行はスキーでしたが、混雑で酷い目に遭いました。当時はスキーブームの真っ最中で、リフトに乗るのに1時間待ちは当たり前。上級コースに振り分けられた子は、1日で2〜3回しか滑れなかったそうです。しかも帰りの高速道路が猛烈に渋滞して、新潟県から横浜に帰るまでに12時間近く掛かり、学校に着いたのは深夜の2時。とにかく疲れた記憶しかありません」(Aさん)

 最後に、都内の某名門校に今も伝わる伝説の事件を紹介しよう。同校出身のWさん(50代男性/SE)がいう。

「Kという生徒が深夜に宿を抜け出して有名なお寺に忍び込み、非常ベルが鳴って警察がやって来る騒ぎを起こしました。寺と警察は『せっかくの修学旅行だから』と、穏便に済ませてくれたのですが、教師は激怒。Kはこっぴどく叱られました。

 その後、留年したKは翌年の生徒会選挙に立候補し、当選して生徒会長に。しかし前年の騒動のせいで、その年から修学旅行は中止。原因がKのせいだということがバレると、Kは吊し上げをくらい、“リコール”の末に生徒会長をクビになりました」(Wさん)

 警察沙汰は問題外だが、誰しも1つや2つは笑えるエピソードを持っていることがうかがえる。良くも悪くも、修学旅行の思い出は大人になっても色褪せないようだ。