政府が行政手続きのはんこ使用廃止を進めているが、印鑑登録をした実印が必要な手続きは今後も残る見通しだ。家や自動車購入時などに押印が求められ、実印を持った時に「自分も一人前の大人になった」と実感した人もいるのではないだろうか。

 こうして、日本に根深く残るはんこ文化だが、女性の立場からすると「おや?」と思うこともあるようだ。それは実印作成時の経験によるものだという。

 40代の女性会社員・Aさんは、20年ほど前に弟が大学院進学時の奨学金を借りるにあたり、保証人になったことから実印が必要になった。それまで認印しか持っていなかったため、実印を作ろうとはんこ屋を訪れた時のことだ。

「はんこ屋さんに行って、書体などを相談しているときに、店員の中年男性に『女性が実印を作る場合、名字を入れると結婚できなくなるよ』と言われたんです」(Aさん)

 Aさんがその店員から聞いた話によると、結婚後に姓が変わる可能性がある女性が、名字を入れた実印を作ると、結婚後に無駄になるだけでなく、「自分を未婚に縛ってしまう」という理屈。併せて「その代わり社会的には成功しやすい」とも説明を受けたという。何の根拠もない説明だが、Aさんは、当時の心境をこう振り返る。

「父や兄は姓名で実印を作っていたので、私も何も考えずに姓名で入れようとしたんですが、当時は独身。運気や風水にこだわるタイプではまったくないのですが、そんなことを言われたら気になってしまって……」(Aさん)

 Aさんは結局、店員の「名前だけでもいい。女性はほとんどそうしている」という言葉に従い、名前だけの実印を作ったものの、納得がいかない感じは残った。ちなみに購入した実印は1万円ほどしたにもかかわらず、結局20年間で使ったのはその1回だけだという。

「もはや実家のどこにしまったかわからない。1回だけのために高い実印を作るって無駄だなあと思いますが、悪用を防ぐという意味合いでは仕方のないことなのでしょうか」(Aさん)

女性は結婚して姓を変える前提?

 30代の女性会社員・Bさんは数年前、マンションを購入するために実印を作ったが、やはりAさんと同じような経験をしたようだ。はんこ屋の男性店員から言われた「女性は結婚するから名前だけの方がいい」「フルネームだと家庭に入った場合、女性の運気が強くなり男性が弱ってしまう」などという言葉に違和感を覚えた。

「なぜ女性は結婚して姓を変える前提で語られるんでしょうか。しかも女性が強いとまるで男性がダメになるみたいな言い方……。50代くらいの店員でしたが、時代錯誤というか、今でもこういう古い考え方がまだ生きていることに驚きました」(Bさん)

 Bさんが驚いたのは、それだけではない。実印のサイズ、書体や掘り方にも「女性らしさがあったほうがいい」という説明だった。今となっては「意味がわからない。本来の目的と違う」と憤りを隠さない。

「サイズは男性よりも控えめな小さいものを選んだ方が一般的、書体も優しい印象のものを選ぶ人が多い。彫り方も男性は繁栄のために縦書き、女性は安定のために横書きの方がいい、等々……。古くからの慣習なのかもしれないとは思いますが、実印に『女性らしさ』を求めてどうするのでしょうか。そんなことよりも、いかに偽造されないかが重要なのでは」(Bさん)

 30代の女性会社員・Cさんは、大学卒業後に母親から実印をプレゼントされた。やはり「名前だけ」ということに疑問を持った一人だが、その理由を聞いたところ、意外な回答が返ってきたという。

「『フルネームだとその家の大黒柱みたいなイメージでしょ。それにあんたは大きな買い物しないし、実印を使うこともないと思うのよね。名字だけのはんこはいっぱいあるけど、名前だけってなかなかないじゃない。だから記念よ』と母に言われました。その時はそんなものかと納得したのですが、使わない前提ならなぜ贈り物にしたのだろうか、とモヤモヤします」

 実印作成時の言葉の裏に潜む前時代的な女性観──。はんこ文化が男性中心社会の産物でもあるならば、はんこ廃止の流れは、単にデジタル社会へのシフトというだけでなく、時代の趨勢として当然のことなのかもしれない。