コロナには適度に気を付けながら、正月くらいは羽を伸ばして遠出でも……そんな人たちの心強い味方が「Go Toトラベル」である。「Go To」はそれだけでお得だが、他の割引との組み合わせで、さらに旅行代を安くする方法がある。使い倒すほかあるまい。

「Go Toトラベルが開始されて、例年より正月旅行の予約争奪戦が早まっています。人気スポットは、すでに年末年始の予約が埋まりつつあります」

 淑徳大学経営学部観光経営学科教授で観光ジャーナリストの千葉千枝子氏はそう語る。正月に旅行を考えているのなら、すぐ行動に移すべきだ。

 そもそもGo Toトラベルとは何かをおさらいしておくと、キャンペーン登録事業者から旅行を予約すると、35%は旅行代金の割引、15%は旅先で使える地域共通クーポンとして給付される。給付額には上限があり、宿泊する場合は1人1泊2万円まで、一度につき7泊まで支援の対象になる。回数制限はない。

「1人4万円前後の少し高めの宿を選ぶと割引の恩恵を最も享受できます。正月なので、箱根などの高級旅館で大晦日から三が日まで、3泊4日くらいの長逗留をするケースも増えることが予想されます」(同前)

 他の割引を組み合わせればさらに旅行代金を安くできる。

「『Go Toイート』や『シニア割』などを組み合わせることもできますから、どの場面でどの割引を使えば一番お得になるかを考えておく必要があります。たとえば1か月以上前から予約すると『早割』が適用されるケースなどもあるので、早めの計画がおすすめです」(同前)

 とはいえ、割引の組み合わせ方を間違えると、そのメリットを最大限享受できないこともある。たとえば交通費に関しては、高齢者の場合、各種交通機関のシニア割引を利用する人は多い。「宿泊だけGo Toトラベルを使って、交通費はシニア割引で」と考えていると損する可能性がある。

 なぜなら、Go Toトラベルの宿泊と交通費のパックのほうがお得になるからだ。正月は旅行業界の繁忙期で旅行代金が跳ね上がるので、その分、割引額も大きくなる。交通手段別に見ていこう。

航空機の「シニア割」と比べる

「もし航空機を利用するなら、JALパックやANAセールスといった『航空会社系列』の旅行代理店の航空機利用のパックツアー(宿泊込み)に申し込むといいでしょう」(前出・千葉氏)

 65歳以上の場合、ANAには「スマートシニア空割」、JALには「当日シルバー割引」があるが、搭乗日当日に空席があることが条件なので、正月旅行には適さないケースがあるかもしれない。

新幹線でもパックに強み

新幹線を利用する場合は、普段なら購入する手軽さから単体で購入する人が多いはず。Go Toトラベルがある今は、新幹線でもパックのツアーが得になるケースが多い。

「新幹線と宿泊がセットになったプランは、JR東日本びゅう、JR東海ツアーズなど、JR各社の系列旅行会社が多数用意しています」(同前)

 JR東海ツアーズの東京―京都往復新幹線と京都のホテルに2泊3日というパックなら1人4万円前後。Go To適用で実質50%オフになるので、通常の往復新幹線代よりも1万円弱安くなる。

 2割引になるシニア割と比べても、Go Toトラベルなら2000円ほど安くなる。

マイカー旅でもGo Toは使える

 飛行機や鉄道などで“密”になる状態を避けたければ自家用車での旅行という手もある。その場合は、高速道路周遊券と、宿泊・レジャー施設などがパックになったGo To適用商品がお奨めだ。

 全国のNEXCOのサイトでは、高速道路の周遊パスと宿泊がセットになった商品がある。NEXCO中日本であれば、東京・神奈川・静岡の対象区間が2日間乗り放題の高速道路周遊券が通常9200円のところ、Go To適用で5980円になる。そのうえ宿泊費もGo To割で安くなり、地域共通クーポン1380円分も付与される。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号