一攫千金の夢を求めて宝くじを買う人は、世界中にいる。14億人の欲望がうごめく中国では、2008年頃から宝くじの売上高が急伸し、昨年は4220億元(約6兆7500億円)と日本の約6倍にのぼった。

 日本同様、街のあちこちに販売所が設置されているが、18歳未満の購入は不可。種類はロトやスクラッチ、スポーツくじなど多岐にわたり、なかでも人気なのが「双色球」と呼ばれる7つの数字を選ぶロト7のようなくじだ。1口2元(約32円)とお手軽ながら、1等は500万元(約8000万円)以上が約束される。同じ組み合わせを複数購入でき、繰り越しもあるため、過去最高金額は5.7億元(約91億円)。受け取りは日本と同じく一括だ。

 中国ではプライバシー保護のため当せん者は会見などを拒否できるのだが、なかにはミッキーマウスやウルトラマンなどの着ぐるみを着用し、時にはボイスチェンジャーまで使って檜舞台に上がる人もいる。複雑な心理が面白い。2014年にスポーツくじで4億9700万元(約80億円)を当てた男性はミッキー姿で記者会見に臨み「数字は5分で選んだ。今後は生活スタイルを変えず、今まで通りに過ごしたい」と答えた。

 台湾の宝くじの歴史は日本統治時代にまで遡り、戦後は2002年から現在の形のロトやスポーツくじが広まった。1口200円ほどで庶民の娯楽として定着しており、「台湾彩券(彩券は宝くじの意)」の看板を掲げた売り場が各地に設置されている。2015年には7つの数字を選ぶ「威力彩」で30億台湾ドル(約120億円)の過去最高金額が出た。

 興味深いのは、コンビニなどで受け取るレシートにも宝くじが付属している点。レシートを受け取る人を増やし、店側の脱税を防止するのが目的だ。最高1000万台湾ドル(約4000万円)が当たるというから、侮れない。

 現地在住の30代の台湾人女性は「今はレシートも電子化されているので、電子マネーで払えば自動的に当せんを知らせてくれます。4000台湾ドル(約1万6000円)が当たったこともある」という。さすがはITでコロナを乗り切った国で日本より進んでいる。「友人同士でまとめ買いすることもあります。誰かが当たれば、一緒に楽しめますからね。道教のお寺で神頼みする人もいます」(前述の女性)。

 香港の宝くじは、「六合彩(マークシックス)」と呼ばれるロト6風のタイプ一択。イギリス統治時代の1970年代から始まり、競馬場や街中の販売所で売られている。これまでの最高当せん金額は9095万香港ドル(約14億円)。49個の数字から6つを選んで1口10香港ドル(約150円)と安価だが、当せん倍率を高めるべく数字を追加することができ、7つ選ぶと1050円、8つで4200円、49個選ぶと約21億円まで跳ね上がる(確実に当せんするが、マイナスになる)。

 現地に住む50代の香港人女性は「キャリーオーバーで当せん金が高騰した時に買っているけど、半年前に200香港ドル(約3000円)当たっただけ。大当たりを引いたら、マンションを買いたいなあ」と語った。

 庶民が抱く夢に国境はないようだ。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号