米国を二分した大統領選挙はバイデン氏の勝利で一応の決着がついたようにみえるが、いまだ「選挙の不正」を訴えるトランプ支持者と、それらを「負け犬」と罵るバイデン支持者との間で衝突が絶えない。ラグビーのように、試合が終わっても「ノーサイド」とはならないようだ。はたして米国の分断社会が行き着く先はどうなっていくのか。大統領選を経てみえてきた「米国が抱える真の問題」について作家の橘玲氏が読み解く──。

 * * *
 今回の大統領選の投票行動を分析した米紙『ニューヨーク・タイムズ』の出口調査(有権者1万5590人を対象。エディソン・リサーチによる集計)をみると、バイデン氏に投票した有権者の典型が「女性」「非白人」「若年層「大卒」で、トランプ氏に投票した典型が「男性」「白人」「中高年層」「非大卒」でした。

 アメリカ社会は深く分断しており、バイデン支持者とトランプ支持者とでは根本的にわかりあえないともいわれます。それが「白人対黒人」の人種問題につながるのですが、実はそれよりも深刻な問題があります。米国社会の分断の本質は「人種」ではなく「経済格差」なのです。

 前回(2016年)の大統領選では、ラストベルト(錆びついた工業地帯)に吹きだまる白人労働者層(プアホワイト)がトランプ氏を熱狂的に支持し、大統領の座に押し上げたとされました。これが「白人対黒人」の人種対立と理解され、「白人至上主義」への抗議行動になるわけですが、じつはアメリカ社会では「富裕層対貧困層」の経済的な分断の方が顕著になっているのではないでしょうか。

 今年日本で公開された米国のドキュメンタリー映画『行き止まりの世界に生まれて』(2018年)に、その実態を垣間見ることができます。ラストベルトにあるイリノイ州ロックフォードで暮らす、白人、黒人、アジア系のスケートボード仲間3人が主役の同作品では、彼らを取り巻く貧困や虐待が描かれています。

 社会が人種によって分断されているのなら、貧しい白人の若者は裕福な同世代の白人を「仲間」とみなして、黒人やアジア系の貧しい若者といっしょにスケートボードをやろうとは思わないでしょう。ところがこの作品では、人種ではなく貧困という共通の体験が彼らの友情につながっています。ニューヨークやボストン、西海岸(シリコンバレー)に住む恵まれた白人には、ラストベルトで「行き止まりの世界」を生きるしかない白人の気持ちなどわからないのです。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、米国の経済格差はますます広がっています。コロナ禍の巣ごもり需要の高まりで「GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)」と呼ばれる巨大IT企業は業績を拡大。データでは、富裕層の収入は減っていませんが、外出できないので支出は減り、貯蓄は増え続けています。その反面、貧困層は収入が減っているうえに、家族を養うための支出は変わらないので、貯蓄を取り崩すしかないのです。

「左派ポピュリズム政権」誕生の可能性

 米国でこのまま経済格差が進めば、その行き着く先はどうなるのか。それを示唆する興味深いデータが、前述のニューヨーク・タイムズの出口調査にありました。

 まず、今回の大統領選の人種別支持層をみると、黒人男性の5人に1人(19%)、ラテン系男性の3人に1人(36%)がトランプ氏に投票していました。従来なら民主党支持層だったマイノリティでも、トランプ時代の4年間でかえって共和党支持者が増えているのです。その背景にあるのは、オバマ政権下で経済格差がかえって拡大したことでしょう。

 さらに、出口調査の年齢別支持層をみると、18〜29歳の若者の実に60%がバイデン氏に投票しています。45歳以上では共和党(保守派)と民主党(リベラル派)が拮抗していますが、年齢が若くなるにつれリベラルが増えているのは明らかです。

 最近の研究では「若い時の政治的立場は年をとってもあまり変わらない」とされているので、この「リベラル」な若者がそのまま年を重ね、より「リベラル」な世代が有権者に加わっていけば、アメリカはますます左傾化(リベラル化)していくことになります。

 とはいえこれは、リベラルな民主党が安定して選挙に勝つ時代が来るというわけではありません。バイデン政権が共和党支持層だけでなく、民主党内の左派(レフト)を満足させることができなければ、プアホワイト(白人)とマイノリティ(黒人やラテン系)の貧困層が連帯し、理想主義的な若者たち(ラディカル・レフト)と結びつくことも考えられます。これは私の思いつきというわけではなく、アメリカの地政学の第一人者で「影のCIA」とも呼ばれるジョージ・フリードマンが『2020-2030 アメリカ大分断 危機の地政学』(早川書房)で述べていることです。

 そうなれば、4年後はともかく8年後の2028年にはアメリカに「左派ポピュリズム政権」が誕生するかもしれません。それは民主党政権かもしれないし、マイノリティを取り込んで「左傾化」した共和党政権の可能性もあります。それほど米国社会は混沌としており、今回の大統領選を経て、これまでの対立軸だけでは片づけられないより複雑な分断が進んでいくことになるでしょう。

◆橘玲(たちばな・あきら):1959年生まれ。作家。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎文庫)、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)、『上級国民/下級国民』(小学館新書)などベストセラー多数。新刊は『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)。